ワクチン接種、月内にも開始=10県で実施区域設定-豚コレラ指針改正へ・農水省

家畜伝染病「豚コレラ」の防疫指針見直しについて議論する農林水産省の審議会=10日午前、東京都千代田区

 農林水産省は10日、有識者会議を開き、家畜伝染病「豚コレラ」のまん延防止に向け、現在認められていない豚への予防的なワクチン接種を可能とする防疫指針の見直し案が了承された。対象は岐阜や群馬を含む10県。農水省は速やかに指針を改正し、月内にも接種が始まる見通しだ。
 新指針は、野生イノシシから豚への感染リスクが高いエリアを「ワクチン接種推奨地域」と位置付け、知事が接種を判断できると規定した。推奨地域として、養豚場で豚コレラが発生した岐阜、愛知、三重、福井、埼玉、長野6県に加え、感染したイノシシが見つかった群馬、石川、富山、滋賀4県の選定が決まった。 

ジャンルで探す