明石市長に泉氏3選=暴言で辞職、2氏破る-兵庫

泉房穂氏

 兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が市職員への暴言問題で辞職したことに伴う出直し市長選は17日投開票され、無所属前職の泉氏が、無所属元職で前県議の北口寛人氏(53)、共産党公認の新人で元県議の新町美千代氏(71)の2人を破り、3選を果たした。投票率は46.84%で前回(45.50%)を上回った。
 公選法の規定により、泉氏の任期は辞職前と同じ4月30日まで。このため、統一地方選に合わせ同14日告示、同21日投開票の市長選が再び実施される。
 泉氏は暴言への謝罪を繰り返した上で、将来のまちづくりに責任を負いたいと強調。手厚い子育て支援策や高齢者施策の充実などを主張し、県内外の首長の応援も得て支持を集めた。 

ジャンルで探す