沖縄知事、県民投票は不参加あっても実施=全県実施不可能に、石垣市拒否

記者団の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=11日午後、那覇市の県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は11日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票について、関連予算が議会で認められなかった5市が参加しなくても、予定通り2月24日に実施する方針を表明した。県庁で社民、共産両党など県政与党と協議した後、記者団に明らかにした。これにより、全県実施されないことが事実上固まった。
 一方、石垣市の中山義隆市長は11日、市役所で謝花喜一郎副知事と面会後に談話を出し、「予算を否決した議会の議決は大変重要な決定だ。投票事務を実施することは適切でない」と表明した。県民投票不参加の方針を首長が明示したのは宮古島、宜野湾、沖縄の各市に続いて四つ目。うるま市は市長が近く最終判断を下す見通しだ。 

ジャンルで探す