園田博之氏死去=元官房副長官、76歳

園田博之衆院議員

 官房副長官や自民党政調会長代理などを歴任した園田博之(そのだ・ひろゆき)衆院議員=比例代表九州ブロック選出=が11日午前4時35分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。76歳だった。熊本県出身。葬儀は近親者のみで行う予定。喪主は長男哲也(てつや)さんと長女桂子(かつらこ)さん。
 1993年の非自民連立政権に加わり、自社さ政権の村山内閣で官房副長官を務めた。政界再編志向が強く、自民党を2度離党。与野党に幅広い人脈を持ち、消費税増税による財政再建派で知られた。
 水産会社勤務を経て、父で元外相の園田直氏死去後の86年衆院選で旧熊本2区から初当選。義母の園田天光光氏(故人)との「骨肉の争い」が関心を集めた。連続11回当選。
 初当選後に自民党に入り、93年の宮沢内閣不信任決議後に離党。武村正義氏らと新党さきがけを結成し、同党で中心的な役割を担った。
 99年自民党に復党。2008年のリーマン・ショック後、党政調会長代理として盟友の与謝野馨経済財政担当相(当時、故人)と緊急経済対策を手掛けた。党内で与謝野氏と増税による財政再建論を主導、経済成長重視の「上げ潮派」の中川秀直元幹事長らに対抗した。
 自民党の野党転落後の10年、与謝野氏と共に再び離党。石原慎太郎東京都知事(当時)らと第三極を目指して「たちあがれ日本」を結成し、幹事長に就いた。その後、太陽の党、日本維新の会、次世代の党を経て、15年に自民党に戻った。
 さきがけが日本新党と統一会派を組んだ経緯から、枝野幸男元官房長官や前原誠司元外相らから慕われた。17年後半から入退院を繰り返していた。 

ジャンルで探す