政府「必要最小限」説明 反撃能力保有初めて示す

政府は25日、敵ミサイル拠点などへの攻撃力を持つ「反撃能力(敵基地攻撃能力)」の保有が必要との考え方を自民、公明両党に示した。反撃能力を巡り、政府が保有の必要性を示すのは初めて。政府は理由として現在の弾道ミサイル防衛(BMD)で迎撃困難なミサイルや攻撃方法があることを挙げたのに対し、自公両党は現状認識を共有したものの、保有の必要性については合意には至らなかった。次回は30日に会合を開き、反撃能力の定義などに関し、引き続き協議する。

年末にかけて政府が進める国家安全保障戦略など「安保3文書」の改定に向けた自公の実務者ワーキングチーム(WT)が25日開いた会合で政府が示した。会合は非公開で行われた。

政府は会合で、ミサイル技術の進展で音速の5倍以上で飛ぶ「極超音速ミサイル」や変則軌道を描くミサイルなど、BMDで迎撃困難なミサイルを周辺国が実戦配備している現状を説明。多数のミサイルを一斉発射する「飽和攻撃」も迎撃が難しい状況にあるとの認識を示した。BMDを強化するとともに、相手領域内にあるミサイル拠点などへの打撃力を持つことで、対処力や抑止力の向上が必要とも強調した。

また、政府側は能力行使は武力行使要件に従い必要最小限とすることや、先制攻撃を禁じる国際法に従って攻撃対象は「軍事目標」に限られるとした。同盟国などが武力攻撃を受けて集団的自衛権行使が可能となる「存立危機事態」でも能力行使は除外しないことも示した。


ジャンルで探す