在沖縄米軍の移転基地発足=グアムへ4000人、24年から

米軍は26日、沖縄に駐留する海兵隊約4000人の移転先となる米領グアムの基地「キャンプ・ブラズ」の発足式典を開き、正式に運用を開始した。部隊移転は2024年以降に始まる見通し。施設は建設中で、日本側はこれまで敷地造成などに約3721億円の資金を提供した。
日本から木村次郎防衛政務官らが出席した。式典は当初、20年10月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。
日米両政府は、沖縄駐留の海兵隊について、約1万人を残し、約9000人を日本国外に移す方針で合意。このうち、約4000人をグアムに移す。移転先の隊舎や貯水タンクなどが日本の資金で建設された。
グアム移転を巡っては、日米が今月開いた外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、移転が見込まれていた部隊の一部を沖縄に残留させ、有事に即応する「海兵沿岸連隊(MLR)」を創設するなど計画修正も行われた。

ジャンルで探す