新型コロナ 最新の感染状況や対応は

休業支援金、申請期限延長=12月末まで―厚労省

厚生労働省は15日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながら休業手当が支払われない労働者に支給する休業支援金の一部申請期限を9月末から12月末に延長すると発表した。昨年4月から今年6月までに休業した中小企業で働く人が対象。感染拡大が続き、申請手続きが遅れていることに対応する。
大企業のシフト制労働者らについても、一部休業期間の申請期限を12月末まで延ばす。新たに追加された10~11月の休業期間については大企業、中小企業ともに来年2月末を申請期限とする。

ジャンルで探す