政府の緊急事態宣言 今後の方針は

昨年度、4社が民営化後初の赤字=外出自粛響く―高速道路6社

高速道路6社の2021年3月期連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で料金収入が減少し、純損益は阪神高速を除く5社で赤字となった。うち首都高以外の4社が05年の民営化以降初めて赤字に転落。サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)事業の減収も響いた。
阪神高速は7300万円の黒字を確保。一方、赤字幅は東日本が97億円、西日本65億円、中日本63億円、首都は45億円(過去最大)、本州四国連絡9億円となった。
料金収入は、東日本が前年同期比16.6%減の7143億円、西日本は17.2%減の6610億円、中日本16.5%減の5762億円、首都10.5%減の2358億円、阪神10.1%減の1601億円、本四20.0%減の533億円。いずれも小型車を中心に交通量が大幅に落ち込んだ。
SA・PA事業も利用者減やテナント賃料の減収に伴い、東日本と西日本がともに40.0%減、中日本が33.7%減など。

ジャンルで探す