政府の緊急事態宣言 今後の方針は

加藤官房長官、拉致被害者の帰国実現を=衆参特別委で2年ぶり質疑

衆参両院の拉致問題特別委員会は11日、それぞれ質疑を行った。2019年5月以来、約2年ぶりで、拉致問題担当相を兼ねる加藤勝信官房長官は衆院委で、「全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向けて、どういう手段が効果的なのか判断しながら対応をしていきたい」と強調した。
一方、立憲民主党の松原仁氏は「2年ぶりというのは、日本がやる気がないというふうに(北朝鮮が)受け取っている可能性がある」と指摘した。
参院委では、加藤氏は日朝首脳会談に関し、「現時点でめどが立っているわけではない」と語った。れいわ新選組の舩後靖彦氏への答弁。

ジャンルで探す