埼玉県に高齢者向けワクチン到着 さいたま市に975人分

 さいたま市の清水勇人市長は8日の記者会見で、高齢者を対象とする新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に向け、市に975人分のワクチンが届いたと明らかにした。高齢者向けとしては、埼玉県内にワクチンが届くのは初めてとなる。

 市によると、到着したのは米ファイザー製ワクチンで、8日午前9時半ごろ、市内の保管場所にトラックで届けられた。施設職員らの手で運ばれ、専用のディープフリーザー(超低温冷凍庫)に収納された。

 接種対象となる65歳以上の人は市内に約30万人いるが、現時点では数量が非常に少ないため、重症化リスクの高い高齢者施設入所者から優先的に接種する。最初の接種は12日に実施する。

 清水市長は「感染拡大防止の切り札としてワクチン接種に対する期待は大きい。安全かつ円滑に接種できるよう全力で取り組む」と語った。(竹之内秀介)

ジャンルで探す