政府の緊急事態宣言 今後の方針は

日本は「子育てしづらい」6割 国際調査、欧州と差歴然

出産、育児、不妊治療などについて日本と欧州3カ国を調べた内閣府の国際調査

 日本と欧州3カ国で「子どもを生み育てやすい国と思うか」と質問したところ、日本は「育てづらい」との回答が6割を超え、他国より圧倒的に高い割合だったことが内閣府の国際調査でわかった。育児は妻が中心に担うとの回答も日本はほかの3カ国を上回った。恋愛に消極的な日本人の姿も調査で浮き彫りになった。

 国際調査は5年に1回、少子化対策に役立てるため、内閣府が行っている。今回は昨年10月~今年1月に日本、フランス、ドイツ、スウェーデンの各国で20~49歳の男女を対象に実施した。日本では1400人近くから、欧州3カ国では約1千人から回答を得た。

 「子どもを生み育てやすい国と思うか」との問いに対し、日本では「そう思わない」が61・1%を占め、フランスの17・6%、ドイツの22・8%、スウェーデンの2・1%と比べても、ずば抜けて多かった。

 また、小学校入学前の子どもの育児について「主に妻が行うが、夫も手伝う」との回答は、日本がおよそ半数の49・9%。フランスの25・7%、ドイツの31・4%、スウェーデンの4・3%よりも多かった。

ジャンルで探す