自民・井野氏「共産党は改憲派」 天皇制巡る発言で騒然

衆院予算委で質問する自民党の井野俊郎氏=2019年10月10日午前11時26分、岩下毅撮影

 自民党の井野俊郎氏が10日の衆院予算委員会で「共産党の皆さんは改憲派」と発言し、棚橋泰文委員長(自民)から注意を受けた。井野氏の発言に対して共産党が反発したのを受け、委員会として対応した。

 井野氏は同委で質問に立った際、「憲法第1章、天皇制について言えば、我々自民党は護憲。他方、共産党の皆さんは改憲派になると思う」と述べた。野党の席から「違うよ!」「でたらめなこと言うな!」と激しいヤジが飛び、委員会室は一時騒然となった。井野氏は「(共産党は)即位の礼に参加しないじゃないですか」と反論したが、ヤジは収まらなかった。

 こうした状況を受け、午後に再開された同委の冒頭、棚橋委員長は井野氏の発言について、「公党に対して誤解を与えるような発言がありました。発言には十分に注意してほしい」と述べ、注意を促した。

 井野氏は質問で、国会で憲法改正の議論を進めるべきだと強調。安倍晋三首相は「しっかりと議論することが大切なんだろう。国会議員がそれぞれの責任を果たしていくことが求められている」などと答弁し、改憲論議を進めるべきだとの考えを改めて示した。

 井野氏は衆院群馬2区選出。2012年に初当選し、当選3回。弁護士資格があり、法務政務官も務めた経歴を持つ。

ジャンルで探す