菅官房長官、翁長知事を弔問「話し合い、思い出深い」

菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は10日午後、8日に死去した翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事の通夜が営まれる那覇市内の寺を訪れた。弔問の後、菅氏は記者団に「知事と私は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設については意見が分かれたが、沖縄の振興発展については色んな意味で話し合いをしてきた。大変思い出深く、そういう思いで焼香した」と語った。

 普天間飛行場の移設をめぐって、翁長氏が先月末に表明した県の埋め立て承認の撤回について、菅氏は「どうするかは沖縄県が決めることなので、しばらく見守りたい」と話した。基地問題の県知事選での争点化については、「地方の首長の選挙であり、県民の経済や福祉、沖縄の未来に向けての発展など、様々なことが争点になるだろうと思う。政府の立場としてコメントは控えたい」と述べるにとどめた。

ジャンルで探す