岸田首相、年明け訪米で調整…バイデン大統領と会談

岸田首相

 岸田首相が来年1月上旬に米ワシントンを就任後初めて訪問し、バイデン大統領と会談する方向で調整に入ったことがわかった。

 複数の日米両政府関係者によると、カンボジアの首都プノンペンで今月13日に行われた日米首脳会談で、岸田首相が訪米を打診した。バイデン氏からは前向きな返答があったという。

 首相は、年末までに国家安全保障戦略など3文書を改定し、防衛費の大幅な増額を実現する方針だ。バイデン氏との会談では、新たな戦略に基づき、日米同盟の深化を目指す立場を伝える考えとみられる。

ジャンルで探す