本会議中の居眠り指摘され松本総務相「あまり目が大きい方でなく」と釈明

 松本総務相は24日の参院総務委員会で、22日の参院本会議中に居眠りをしていたとの追及を受け、「あまり目が大きい方でなく、考えるときに目を細める癖がある」と釈明した。

 立憲民主党の野田国義氏が「そんなことを言うと、変なことになっていく。私自身も本会議にいたから、その姿をじかに見た」と指摘すると、松本氏は「駄弁をろうした点をおわびする」と陳謝した。ただ、居眠りは認めず、「今後そのようなことのないように審議に臨みたい」と述べた。

ジャンルで探す