竹下派が「茂木派」に衣替え、茂木幹事長が会長に就任…「力強く行動する集団作る」

茂木敏充氏

 自民党第3派閥の竹下派(平成研究会、51人)は25日の総会で、茂木幹事長の新会長就任を全会一致で正式決定し、茂木派に衣替えした。会長職は、竹下亘・元復興相が今年9月に死去後、空席となっていた。

 茂木氏は総会で「事に臨んでは一致団結して力強く行動する集団を作っていきたい」とあいさつした。

 新体制では、加藤勝信・前官房長官を新たに副会長とし、事務総長には新藤義孝・元総務相を起用した。小渕優子組織運動本部長は事務総長代理に充てた。来夏の参院選に向け、団体委員長を新設し、牧野京夫参院議員を据えた。

 茂木氏の会長就任を巡っては、折り合いがよくないとされる青木幹雄・元参院議員会長の影響力が残る参院側に慎重論もあった。茂木氏が幹事長に就任し、今月11日の総会で「会長予定者」となることが決定したことなどから最終的に異論は出なかった。

ジャンルで探す