衆院選「31日投開票」決定、戦後最短の決戦へ…首相「勝敗ラインは与党で過半数確保」

衆院解散で万歳する前議員ら=飯島啓太影

 衆院は14日の本会議で解散された。政府は続く臨時閣議で、第49回衆院選の日程を「19日公示・31日投開票」に決定し、与野党は事実上の選挙戦に入った。自民、公明両党の連立政権と、立憲民主党を中心とする野党勢力による政権選択の選挙となる。新型コロナウイルス対策や経済政策が主な争点だ。

 衆院選は2017年10月以来、4年ぶり。現行憲法下で衆院が解散されるのは25回目で、衆院議員の任期満了日(10月21日)以降に行われるのは初めてとなる。内閣発足から解散までの10日間、解散から投開票までの17日間は、いずれも戦後最短だ。

 岸田首相は14日夜、首相官邸で記者会見し、今回の衆院選を「未来選択選挙」と位置付けた。その上で、「国民の大きな関心事はコロナ対策だ。現状にどう対応するか、危機的な状況を乗り越えた先にどんな社会を見ていくのかが、大きな争点になる」と述べた。

 共産党が加わる野党の選挙協力を念頭に、「憲法観、日米安保や自衛隊の役割といった安全保障観でさえ方向性が一致していない野党各党に、この国を委ねることはできない」と強調。勝敗ラインについては「与党で過半数確保」と語った。

 公明党の山口代表は解散後に東京都内で街頭演説し、「政権を安定させ、国民が望む政策を着実に実行できるのは、自公政権しかない」と述べた。

 一方、野党側は政権交代の必要性を訴えている。立民の枝野代表は両院議員総会で、「安倍・菅政権は国民の声を聞かず、不誠実な政治を一貫して進めてきた」と主張。「10年近く続いてきた傍若無人な政治を終わらせる」と意気込んだ。立民は共産、国民民主、れいわ新選組、社民の4党と選挙協力を進め、小選挙区289のうち、200以上の選挙区で候補者を一本化した。

 衆院の定数は465議席(小選挙区289、比例選176)。自民、公明両党の解散時の勢力は305議席(自民党276、公明党29)で、野党第1党の立民の解散時の勢力は110議席だった。

ジャンルで探す