新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

首相「驚いた」、長男が接待の半数以上20件に同席…「就職の紹介は一切やっていない」

参考人として衆院予算委員会に臨む(右から順に)総務省の谷脇、吉田両総務審議官、秋本・前情報流通行政局長、湯本・前官房審議官(22日、国会で)=源幸正倫撮影

 総務省幹部が放送関連会社「東北新社」から延べ38件にわたり接待を受けた問題では、菅首相の長男が半数以上の20件に同席していたことが22日、総務省の調査で明らかになった。処分対象者には首相肝いりの政策を推進してきた高官が多く含まれており、首相にとって、大きな打撃となった。

 「私は子どもが3人いるが、就職について自分が紹介するとかは一切やっていない」

 首相は22日の衆院予算委員会で、一連の長男の行動を陳謝しながらも、東北新社への入社に関与していないことを強調した。

 長男は、首相が総務相時代に政務秘書官を務めた後、東北新社に就職した。首相はこの日の答弁で、自らが秋田県の同郷である同社創業者と長男を引き合わせたことはあるものの、「長男が(創業者を)非常に慕い、(長男と創業者の)2人で(就職の)話を決めた」と説明。東北新社に入社する際には「『総務省とは距離を置いて付き合うように』と言ったことを覚えている」とし、長男が総務省幹部らと会食を重ねていたことについて「驚いた」と語った。

ジャンルで探す