コロナ差別解消へ議員立法、月内にも法案提出…感染した議員らまとめる

 自民、公明両党などは、新型コロナウイルスの感染者や医療従事者らに対する差別の解消に向けた議員立法を月内にも提出する。国会議員で初めて感染が確認された自民党の高鳥修一衆院議員らがまとめた。野党にも共同提出を呼びかけており、今国会での成立を目指している。

 法案では、感染を理由にした解雇や、元患者や医療従事者の家族が会社への出勤や保育園への登園を拒まれる事例を想定し、「何人も新型コロナウイルス感染症に関連する差別を行ってはならない」と明記した。国に差別の実態調査を行うことや、地方自治体に相談体制の整備に努めることを求めている。

 罰則はないが、高鳥氏は「感染者らへの理解を促す一助になってほしい」としている。コロナを巡っては、全国の自治体でも差別や偏見を防ぐための条例制定の動きが広がっている。

ジャンルで探す