各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

「政治家はバッジを付けなきゃ」ウグイス嬢に違法報酬の河井案里が当選するまで

「セクハラとか甘い。男たちは束になって潰しにくる」“渦中の人“河井案里が私に語っていたこと から続く

【写真】河井案里の写真(5枚)をすべて見る

 すっかり渦中の人となった「河井案里」とは何者か。

 選挙戦をめぐる疑惑が報じられる前の8月6日、フリーライターの筆者は参院議員として当選直後の河井氏と向き合っていた。その単独取材のメモを改めてシェアしたい。

本当に政治というのは忍耐ですね

常井 前回の参院選は、2009年の県知事選で負けて以来の全県選挙ですよね。知事選の後、自民党に復党して県議に戻るまでってどのぐらいあったんでしたっけ。

河井 1年半ぐらい。

常井 何をやっていたんですか?

河井 大佛次郎の『天皇の世紀』とか読んで。大佛次郎の描写ってすごいんですよ。それを読んでメソメソしたりとか。

常井 じゃあ、基本的に家の中に閉じこもって。

河井 ずっと家の中にいて、でも、「世の中っていうのは広いし、空は青いんだ」って自分に言い聞かせてね。私は36歳の時に社会的に抹殺されたし、これはもう政治の世界でやっていくことはできないと思って、もう引退せざるを得ないかなと思っていたんだけど、でも、地元の人が「やっぱりバッジを付けなきゃ駄目だよ」って言ってくれて。

常井 へえ。

参院選後、初登院する河井案里氏 ©AFLO

河井 「政治っていうのは我慢だよ」って主人は言っていて。「あんたに何が分かるのよ」と思ってたけど。でも、本当に政治というのは忍耐ですね。

やっぱり自分でやりたいなという気持ちが出てきて

常井 体を壊さなくてよかったですね。

河井 やっぱり知事選は、やっぱりビジョンがあるから出るわけで、県会議員じゃ果たせないから出るんです。すごく大事な30代を、ぬるま湯みたいな県議会で生活していて、私は大丈夫なんだろうかという焦りがすごくあったんです。もっともっと同世代のお友だちなんかは会社の中で鍛えられているだろうに。だから、そういう意味ではやっぱりちょっと体を壊しましたね。

常井 え、そうなんですか。

河井 適応障害になりました。

常井 ……。

河井 もっと仕事がしたい、もっと勉強したいという思いがあって。魚っていうのは泳いでないと駄目なんです。

常井 そうですね。

河井 政治家は戦ってなきゃ駄目だし。

常井 ところで、案里さんはこれまでの県議時代は広島県知事になることを狙っていたのに、どうして今回、参院選に出て国会議員になろうとしたんですか。

河井 県知事って「政治家」というよりも「経営者」みたいな感じなのでね。私は政治より経営のほうがやってみたいのかなと思っていたんだけど、2014年、2018年と地元(※広島市安佐南区)で大きな土砂災害があって、私は県会議員だけど政令市選出ということで、やっぱり国に対してやれることって本当に少ないわけなんです。広島市がやるか、あとはもう国交省なんです。

 国に対していろいろ言うことがある時は、(地元小選挙区選出の衆院議員である)主人を通さなきゃいけないんです。

 主人から国に話をして、国から広島市に下ろしてもらって、それでも広島市が動かないので、内閣官房から、官邸からやってもらった。

 すごくまどろっこしいんですよね。やっぱり自分でやりたいなという気持ちが出てきて。

誹謗中傷は「有名税」

常井 なるほど。「克行さんを通す」というのは、地元の国会議員だからそこを通さなくちゃいけないということなのか。

河井 ううん、便利だから。すぐ話が通るから。

常井 なるほど。

河井 ご飯を食べながら、「あのね」とか言って。

常井 じゃあ、自分が国会議員になったということは、ある意味、政治家・河井案里の「自立」なのかもしれないですね。27歳の時に縁もゆかりもない広島に東京から嫁に来て、29歳で自分が県議になってからも約20年間続いた「代議士の妻」とは別の人生の始まりですね。

河井 ですかねー。でも、私の中では子どもの頃から連続していて。やっぱり政策をやりたいという気持ちとか、そういう延長として今があるという感じなんです。

常井 国会議員になることで、今まで以上に誹謗中傷をされるわけじゃないですか。ゴシップがあったら、広島ローカルじゃなくて、全国ニュースになる。そういう怖さみたいなものというのは。

河井 もうしょうがないですよ。そういう職業だもん。「有名税」と思うしかない。

常井 そこまで吹っ切れてますか。

言いたいことがあったら面と向かって言ってほしい

河井 政治家って全然話題に上らないよりは、悪評でも評判が立ったほうがいいんですよ。

常井 「悪名は無名に勝る」と、そこまで覚悟されているんですね。例えば、夫に何かあったら、セットですぐ話題になる。

河井 それはもう、この仕事を始めた時からしょうがないことだなと思って。疲れちゃうけど、でも、まあしょうがないんじゃない? というか、いちいち相手にしていたら自分が傷ついちゃうので。でも、私、エゴサーチやってみたのね。

常井 おお。

河井 案外耐えられるんですよ、私。「へえ、面白い」と思って。全然自分のことを知らない人が自分のことをこんなふうに言ってるんだなって。書いているの、どこの人かわからないじゃん。

常井 それはTwitter検索ですか? Googleですか?

河井 Yahoo!のリアルタイム検索とか。

常井 基本的に他人の言う噂はあんまり気にしない?

河井 うん。面白いなと思って。言いたいことがあったら面と向かって言ってほしい。

常井 「おやじたちの世界」ってそうですよね。さっきの広島県連の男性政治家のように、「束になって」かかってくる。これから、国会議員としてどう動きたいんですか。

河井 どうかな。しばらくおとなしくしていようと思って。

常井 そうですか? 自分の動き方が克行さんの政治活動に影響があるとかそういうのって、今も気にします?

河井 ううん。いい影響しかないんじゃないかなと思って。

常井 ポジティブですねえ。

河井 二人三脚でやってきたからね。

「勇敢であれ。すべては後からついてくる」

常井 河井さんの中で「母」になりたいという時期はなかったんですか。出産か、仕事かっていう。

河井 今まで、とにかく仕事で精いっぱいでしたよね。だって、主人の選挙もあるし、私の選挙もあるでしょう。それに、自分の幸せってあんまり私は考えたことがなくて。社会に貢献することのほうが自分の幸せだというふうに思ってきたんですよね。でも、今回の(参院議員の)選挙中とか本当につらくて。子どもとか見ると超かわいいじゃん。なんで私、こんな戦う人生選んじゃったのかな、ってすごい思った。

常井 なるほど。

河井 選挙中、パンダの動画とか毎日見て。子どもの頃、パンダになりたかったから。「ああ、やっぱりパンダに生まれておけばよかった」とかね。

常井 スマホでね。

河井 女性っていろんな生き方があるけど、男の人に守られて生きる生き方もあるので、そっちを選んだらどうだったのかなとか思いましたね。

常井 女性にとって子どもを産むか産まないかという選択自体も難しいし、決断のタイミングって本当に難しいですね。

河井 難しいです。でも、私、思ったの。今回は本当に大変な選挙と言われて、心が折れそうになることもあったけれども、やっぱり勇敢じゃなきゃいけないなと思って。「勇敢であれ。すべては後からついてくる」って、インドのネルー首相の言葉を書いてもらって事務所に貼ってもらってたんだけど。

常井 そんなことまでしたんですか。

河井 だけど、よくよく考えてみたら、妊娠して子どもを産むという以上に勇敢なことってないんですよ。世の中のお母さんたちというのは本当に勇敢だなと、私はすごく改めて思ったんです。だから、私もそういう女性の一員なんだから、きっと大丈夫って思って。やっぱり私たちは、本当に先輩の女性たちに道を開いていただいてきた世代なので、そういう意味では、私、肩の力が抜けてるんですよ。

常井 でも、広島県連の男たちがスクラムを組んで束になってかかってきた。これからも、肩の力は入れなくちゃいけない。

河井 そうですかね。でも、戦いのない人生というのはつまらないでしょう。

常井 これからの6年間、どんなことが起きるのか、楽しみですね。

◆ ◆ ◆

秘書が逮捕・起訴されても書面コメントのみ

 さて、河井案里という政治家の本性が、少しは垣間見えただろうか。

 このインタビューをもとにした拙稿が「週刊文春」に掲載されてから約2カ月後、案里氏は「渦中の人」となった。7月の参院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を払う「運動員買収」に関与した疑いが浮上したのだ。スクープしたのは、「週刊文春」であった。

 関与が疑われた夫の克行氏は「文春」が発売された10月31日に法務相を辞任。以降、夫婦で姿を消した。広島地検の家宅捜査を受けた1月15日には報道陣の取材に応じたが、3月に案里氏の公設秘書だった立道氏や克行前法相の政策秘書が逮捕・起訴された際には書面でコメントを出したのみ。私を含む、メディア関係者のインタビューには応じない。

自分語りはすれど説明はしない案里氏

 起訴から100日以内に一審判決が出る「100日裁判」で、立道氏が禁固刑以上の有罪となれば、連座制の適用により案里氏が失職するが、罰金刑にとどまれば連座制の対象にはならないとみられている。案里氏は判決が出るまで議員辞職はせず、自民党に所属して議員活動を続ける意向を示している。

 周囲によると、案里氏は昨秋の疑惑報道以来、克行氏とともに都内のホテルを転々としながら暮らしている。銀座三越にある洋菓子店へ買い物に出かけた時の様子が「週刊文春」3月12日号に激写されたが、普段は弁護士との会議をこなす以外の時間は、部屋で著名ピアニストの動画をスマホで流しながら、空を眺めたり、本を読んだりしているという。私の著書『無敗の男 中村喜四郎全告白』(文藝春秋刊)を読破したとも聞いた。

 今回の事件に対し、世間の目は厳しい。だが、なぜ彼女はこうも「強気」なのか。

 検事総長人事をめぐる官邸と検察の対立と、広島の地元政界における主流派・宏池会(岸田派)と案里氏が属する二階派の対立が事件の背景にある――ととらえ、一種の政治闘争として徹底抗戦する構えさえ覗かせる。

「セクハラなんて、甘い、甘い」

 私は案里氏の周辺を取材しながら、彼女から聞いたこんな言葉を思い出した。

「(男性政治家たちからの)セクハラなんて、甘い、甘い。男の人たちの恐ろしさはもっと違うところにある。気に入らない女性を政治的、社会的に抹殺しようと、束になってつぶしにかかってくる」

 一部報道では、ウグイス嬢の報酬を規定の2倍に当たる1日3万円にする方針が「河井ルール」と呼ばれていた点を指摘するが、地元関係者の間では「3万円は普通」とする証言もあるため、案里氏に近い人物は「『広島ルール』だ」と主張する。駐車違反のような感覚で法を犯す例も全国的にあり、選挙現場の実態と法が乖離していると説く専門家もいる。

 だが、それでも、案里氏が無言を貫く姿勢が腑に落ちない。これほど冗舌に自分語りができる政治家なのだから、マスメディアを通して有権者に堂々と説明すべきだろう。

 私にはいつでも聞く準備がある。

(常井 健一)

ジャンルで探す