首相「GoToに一時停止措置」 マスク着用も改めて要請 

記者の囲み取材に応じる菅義偉首相=21日午後、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合後、官邸で記者団に対し「Go To トラベル」の見直しなどの感染防止対策について語った。全文は以下の通り。

 専門家会議から提案を提出いただいたタイミングで本日、対策本部を開催し、私からそれぞれの閣僚に感染対策を指示した。
 まず政府としてできることを速やかに実行する。重症化しやすい方々や、高齢者の方々、医療施設、介護施設で検査を集中的に国費で行う。
 「Go To トラベル」については感染が拡大している一部地域で一時停止をする措置を導入したい。また、飲食だが、時間短縮の対応策として政府は交付金でしっかり支援したい。「Go To イート」については(食事券の)新規発行の一時停止など、自治体に要請させていただきたい。
 国民の命と暮らしを守るのが政府の最大の責務だ。今回、この現状の中で、国民の皆さまにさらにお願いさせていただきたい。
 スーパーコンピューターでも、その効果が実証されているのがマスクだ。ぜひ、皆さんが会食する際も含め、マスク着用を心からお願いしたい。手洗い、「3密の回避」という感染防止策の基本をもう一度、心がけていただけますよう国民の皆さんに心よりお願い申し上げたい。

ジャンルで探す