菅官房長官、桜を見る会は「実態に合わせた要求」

会見に臨む菅義偉官房長官=11日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の経費が増えているとの指摘に対し「内閣府で実態に合わせた要求を行っている」と述べ、問題はないとの認識を示した。
 経費が増えている理由については「同会の令和2年度の概算要求ではテロ対策強化や混雑緩和のための措置など、近年に講じた改善点を反映させている」と説明した。その上で、同会を開催する理由を「昭和27年以来、内閣総理大臣が各界で功績・功労のあった方々を迎え、日頃のご労苦を慰労するとともに、親しく懇談される内閣の公式的な行事だ」と強調した。

ジャンルで探す