第4次安倍再改造内閣 閣僚19人の横顔

【第4次安倍再改造内閣】初閣議に臨む安倍晋三首相と新閣僚ら=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)

 第4次安倍晋三再改造内閣が11日、発足した。19人の閣僚のうち、麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉(すが・よしひで)官房長官をのぞく17人が交代し、顔ぶれは大きく変わった。しかも小泉進次郎環境相はじめ13人が初入閣。萩生田光一文部科学相ら安倍首相の側近も多い一方、永田町以外ではあまり知られていない新閣僚もいる。首相が「安定と挑戦」をキーワードとしたその19人の横顔を紹介する。
                   ◇
 ≪副総理・財務・金融≫
 □麻生太郎氏
 ■政権支える盟友 ゴルゴ愛読
 第92代首相。祖父は吉田茂元首相、高祖父は大久保利通という華麗な閨閥(けいばつ)出身。自民党第2派閥の麻生派を束ね、安倍晋三首相の盟友として政権を「ど真ん中」から支える。国際情勢などを映す漫画「ゴルゴ13」を愛読。その気さくな人柄は「半径2メートルの男」とかつては称された一方、聴衆を楽しませようとするあまり、リップサービスが時に失言となるリスクもある。
 ≪総務≫
 □高市早苗氏
 ■遠慮のない物言いで反発も
 女性初の自民党政調会長、歴代最長の総務相、女性初の衆院議院運営委員長と、安倍首相の下で要職を務めてきた。大量の資料を持ち帰って深夜まで目を通し、まじめで責任感が強いが、前回の総務相時に放送局に電波停止を命じる可能性に触れた発言など、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いが反発を受けることも多い。約2年ぶりの総務相復帰で、多難な総務行政での結果と実行力が注目される。
 ≪法務≫
 □河井克行氏
 ■比の「慰安婦像」撤去に尽力
 平成8年に衆院初当選。首相補佐官時代の28年、米大統領選でトランプ氏の勝利直後に訪米し、安倍首相との初会談へ露払い役を務めた。自民党総裁外交特別補佐としてもフィリピンの「慰安婦像」撤去に尽力。法務副大臣経験者で、司法改革に関する著書もある。故鳩山邦夫元総務相が主宰していた政策グループ「きさらぎ会」の主要メンバー。夫人は河井案里参院議員。
 ≪外務≫
 □茂木敏充氏
 ■TPPや日米交渉で存在感
 経済再生担当相として環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)をまとめ上げ、懸案だった日米貿易交渉も大枠合意に導き、タフな交渉力を安倍首相に買われている。第2次安倍内閣以降、経済産業相や自民党選対委員長などを歴任し、「ポスト安倍」として存在感を高めている。優秀な仕事ぶりの半面、妥協を許さない姿勢に震え上がる官僚も多い。大のゴルフ、ワイン好き。
 ≪文部科学≫
 □萩生田光一氏
 ■党と官邸をつなぐパイプ役
 東京都八王子市議、都議を経て平成15年に衆院初当選。市議時代から拉致問題で安倍首相と共闘し、首相の政権復帰後は自民党総裁特別補佐や官房副長官、党幹事長代行として党と官邸をつなぐパイプ役を担った。政務官を務めた文部科学は得意分野。首相の信頼が厚いゆえに先輩議員らからやっかみを受けることも。「ワイルドな憲法審査を」など率直な発言が物議を醸したこともある。
 ≪厚生労働≫
 □加藤勝信氏
 ■首相の懐刀 ポスト安倍候補
 竹下派所属ながら安倍首相の「懐刀」で、第2次安倍内閣以降、中枢を歩んできた。官房副長官を経て平成27年に1億総活躍担当相で初入閣。29年には厚生労働相と働き方改革担当相を兼務し、30年に党総務会長。「ポスト安倍」の一人と目される。旧大蔵省出身で、義父の加藤六月元農林水産相は首相の父、晋太郎元外相の側近。首相の母・洋子さんとも親しく家族ぐるみの付き合い。
 ≪農林水産≫
 □江藤拓氏
 ■選挙に強く 一貫して農水畑
 父・隆美元運輸相の地盤を継ぎ平成15年の衆院選で初当選。郵政民営化に反対し自民党公認を外れたこともあったが、選挙は6回連続当選とめっぽう強い。農林水産政務官、同副大臣、衆院農水委員長、そして農水産物輸出振興担当の首相補佐官と一貫して農水畑を歩む。若手保守派の代表格で、尊敬する人物は安倍首相と同じ高杉晋作。空手は三段の腕前で、釣りも愛好する。
 ≪経済産業≫
 □菅原一秀氏
 ■菅氏側近 ダンスはプロ絶賛
 商社を退社後、東京都練馬区議や都議を経て平成15年衆院選で初当選。この1年間は国対筆頭副委員長として野党との調整に汗を流した。菅義偉官房長官に近く、今年に入り菅氏を慕う議員らでつくる勉強会「令和の会」を設立。特技はダンスで、旧知の仲であるTRFのダンサー、SAMさんがテレビ番組で「ダンスを続けていれば日本のダンス界のトップだったかも」と称賛するほど。
 ≪国土交通≫
 □赤羽一嘉氏
 ■「阪神」機に被災者支援に力
 衆院当選8回での遅咲きの初入閣となった。商社勤務を経て平成5年の衆院初当選。政党は異なるが安倍首相とは同期で、仲がいい。当選1回のときに地元で発生した阪神大震災を機に災害対策がライフワークに。改正被災者支援法成立などに尽力し、東日本大震災後に経済産業副大臣として福島第1原発の現地対策本部長も務めた。ラグビーの全日本高校選抜にも選ばれたラガーマン。
 ≪環境≫
 □小泉進次郎氏
 ■人気者 問われる政策実行力
 自民党農林部会長として全国農業協同組合連合会(JA全農)改革を主導。厚生労働部会長としては将来を見据えた社会保障改革を提唱し、国会改革にも取り組んだが、父・純一郎元首相譲りの攻撃的な言動でパフォーマンス先行との批判も。8月にフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚し、来年の育休取得を示唆。政界随一の人気者が政策実行力を示せるか真価が問われる。
 ≪防衛≫
 □河野太郎氏
 ■外遊過去最多 一皮むけるか
 外相として8月末までに訪れた国・地域は77カ国・地域(延べ122カ国・地域)で過去最多。7月までの1年間は1カ月間を機上で過ごした計算だ。対韓国では大使に「無礼」と発言したが、率直な言動には賛否もある。頻繁に更新する謎のツイッターが話題になることも。将来の自民党総裁選出馬を明言するが、いまだ「ポスト安倍」は遠い存在で、初の防衛相で脱皮できるか。
 ≪官房・拉致問題≫
 □菅義偉氏
 ■令和おじさん 官僚ににらみ
 4月の新元号発表で「令和おじさん」として人気が急上昇。遊説では、若い女性から「かわいい」の声も飛ぶほど。一方、官僚ににらみをきかすこわもてぶりも健在で、携帯電話料金の引き下げや外国人観光客の増加に陣頭指揮を執る。在職期間は歴代最長を更新中で、最近は「ポスト安倍」の一人に浮上。自身は首相への意欲を否定しているが、慕う国会議員は増えるばかりだ。
 ≪復興≫
 □田中和徳氏
 ■議員外交100の国・地域歴訪
 山口県豊田町(現下関市)で農家の長男として生まれた。議員秘書、川崎市議、神奈川県議を経て平成8年に衆院初当選し、「たたき上げ」の典型といえる。調整力の高さには定評がある。議員外交に積極的で、これまで約100の国・地域を歴訪、自民党国際局長当時は議員交流を主導した。2年前に盟友の甘利明前選対委員長らと麻生派に入会。これが念願の初入閣につながった。
 ≪国家公安・防災≫
 □武田良太氏
 ■二階氏側近 酒豪の九州男児
 亀井静香元運輸相の秘書から政界入りし、亀井派、山崎派などを経て現在は二階派。二階俊博幹事長の側近ともいえる存在になっている。衆院選に3回落選し、郵政民営化に反対して自民党を離れる苦労も経験。安全保障に明るく、防衛政務官、防衛副大臣などを歴任した。九州男児らしく飲みっぷりがよい。スーツのデザインを自ら描くほどの洋服好きで、ボルサリーノハットを愛用。
 ≪1億総活躍・沖縄北方≫
 □衛藤晟一氏
 ■首相補佐官7年連続務める
 衆院初当選から約30年での初入閣。大分市議、県議を経て衆院4期、参院3期。郵政民営化に反対して落選したこともある。安倍首相に近く、7年近く首相補佐官を務めてきた。平成25年の首相の靖国神社参拝に米側が「失望」を表明すると、「われわれの方が失望」と反論して批判を浴びるなど、言動が問題視されることも。厚生労働副大臣などを歴任し、特に障害者福祉に明るい。
 ≪科学技術・IT≫
 □竹本直一氏
 ■2025年大阪万博誘致に尽力
 78歳での念願の初入閣。旧建設省出身で、平成8年の衆院選で初当選した。財務副大臣などを歴任し、2025年国際博覧会(万博)の大阪開催を実現する国会議員連盟の事務局長として誘致に尽力した。リニア中央新幹線の大阪延伸実現も悲願。英語が堪能な国際派の一面もあり、尊敬する政治家は吉田茂元首相。自身が母親の介護に携わった経験から、高齢者福祉に関する著作も多い。
 ≪経済再生・全世代型社会保障改革≫
 □西村康稔氏
 ■官房副長官として手腕発揮
 灘高、東大、通産官僚を経て平成15年に衆院初当選。官房副長官として内政・外交、国会対策などで安倍首相をサポートした手腕が評価され、初入閣を果たした。森喜朗元首相ら長老との関係も良好で、自民党が下野した21年の党総裁選に出馬した経験もある将来のエース。東大時代はボクシング部に所属し、会長解任騒動があった日本ボクシング連盟の最高顧問も務める。吹田●(=りっしんべんに晃)元自治相は義父。
 ≪地方創生・規制改革≫
 □北村誠吾氏
 ■書生から政治へ 安保に精通
 地元・長崎県選出で郵政相などを務めた白浜仁吉(しらはま・にきち)衆院議員の書生から秘書になり、政治の道に。佐世保市議や県議を務めた後、平成12年の衆院選で初当選した。米軍基地を抱える佐世保が選挙区にあることから、安全保障に関心が高く、防衛副大臣や衆院安全保障委員長などを歴任した。生まれは五島列島の小値賀(おぢか)島で、クリスチャン。地方の代表として地方創生に取り組む決意だ。
 ≪五輪・女性活躍≫
 □橋本聖子氏
 ■五輪7大会出場「銅」メダル
 スピードスケートと自転車で合わせて夏冬7大会の五輪に出場し、アルベールビル五輪のスピードスケート1500メートルで銅メダル獲得。平成7年参院選で初当選し、スポーツ行政に携わってきた。28年7月に初の女性かつ閣僚未経験の自民党参院議員会長に就任。酒に酔い男子スケート選手にキスする姿を週刊誌に報じられたことがある。父は競走馬マルゼンスキーの生産者。3男3女の母。

ジャンルで探す