憲法改正で伊吹元衆院議長「各党が議論し、世論喚起を」

伊吹文明氏(春名中撮影)

 自民党の伊吹文明元衆院議長は14日のBS-TBS番組で、憲法改正に関し「各党がいろいろな案を持ち寄って議論することで、世論を喚起しなければならない」と述べた。自民党に対しても「もう少し謙虚に出て、国会で議論すべきだ」と指摘した。
 伊吹氏は、憲法9条に自衛隊を明記する自民党改憲案について「(国会の憲法審査会に)議案として提出するわけではなく、一つの考えだ」と強調。「(憲法の)何が問題かを(各党で)議論しようという段階だ」と述べた。

ジャンルで探す