自民・石破茂元幹事長、「反中」「反日」利益にならず

 自民党の石破茂元幹事長は14日、都内で開かれた日本と中国の政財界が集まるシンポジウムに参加し、今後の日中関係のあり方に関し「お互いの悪口を内政に利用するのではなく、環境問題や医療などの課題に共通認識を持って取り組める関係を構築することが大事だ」と述べた。
 日中関係の現状については「中国において『反日』が政治的に利用され、わが国にも『反中』が根強いが、何の利益にならない」と指摘。「お互いが歴史を学び、いい所を認め合い、ほめていくことも大事だ」と強調した。

ジャンルで探す