国内

自民・小泉進次郎筆頭副幹事長「待機児童対策置き去りにしない」 人生100年時代戦略本部 認可外も無償化を提言

自民党の小泉進次郎氏=東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影)

 自民党の「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)は15日、党本部で会合を開き、衆院選の政権公約に掲げた幼児教育の無償化について認可外保育所も対象に含むよう政府に提言することを決めた。今後、助成の上限や所得制限などを検討し、月内に行う予定の政府への提言に盛り込む。
 会合後、同本部事務局長を務める小泉進次郎筆頭副幹事長は「幼児教育の無償化は自民党が10年以上訴えている長年の公約だ。それを2020(平成32)年度までにやっていくと同時に、待機児童対策は置き去りにはしないということを強調したい」と話した。