国内

【小池代表辞任】小池百合子氏「創業者の責任を終えた」 玉木雄一郎共同代表が後任代表に

小池百合子・東京都知事

 東京都の小池百合子知事は14日、希望の党両院議員総会で党代表を辞任する意向を表明した。玉木雄一郎共同代表が新執行部体制を始動させる機会を捉え「これからは皆さま方にお任せし、しかるべき形でサポートしたい」と述べた。小池氏は玉木氏を後任の代表に指名し、総会で了承された。小池氏は9月25日に希望の党の代表に就任したが、同党は直後の衆院選で惨敗、小池氏の求心力は低下し、都政に専念する必要に迫られた。
 小池氏は総会で「創業者の責任として代表でスタートしたが、(党の)方向性は決まっているので、代表の座を降りさせていただく」と述べた。総会後は記者団に「創業者としての責任をひとつ終えた」と述べた。今後の党運営は「これからは全員野球でやっていただきたい。方向性は収斂されていくだろう」とも語った。
 玉木氏は14日の記者会見で、小池氏を特別顧問などで処遇する考えを示したが、小池氏は党運営から手を引く意向だ。総会では、幹事長に古川元久元国家戦略担当相、代表代行に大島敦前幹事長、政調会長に長島昭久元防衛副大臣などの人事が承認された。共同代表選に出馬し、安全保障法制を「容認しない」と公言した大串博志衆院議員は役職に就かなかった。
 小池氏は7月の東京都議選で、自身が率いた「都民ファーストの会」が大勝した勢いを背に、「現実的な安保政策」などを掲げて希望の党を立ち上げた。同党は10月の衆院選で衆院過半数を上回る235人を擁立し、自民、公明両党と対峙して政権交代を目指した。
 しかし、合流を求めた民進党の左派勢力などを「排除する」との発言が反発を呼び、小池氏の支持率は急落した。衆院選で、希望の党は公示前の57を下回る50議席しか獲得できず、排除された勢力が結成した立憲民主党に野党第一党の座を明け渡した。
 小池氏は、2020年東京五輪・パラリンピックの準備も本格化することから、都政に専念することを決断したようだ。
 希望の党は総会後の役員会で、小池氏に民進党の合流を持ちかけた前同党代表の前原誠司元外相の入党を了承した。