ラグビーW杯の偽ユニホーム販売容疑 男を書類送検 神奈川県警

神奈川県警戸塚署が押収した、ラグビーW杯日本大会に出場する代表チームの偽ユニホーム=10日、横浜市(太田泰撮影)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する代表チームの偽ユニホームを販売するなどして商標権を侵害したとして、神奈川県警戸塚署は10日、商標法違反容疑で、兵庫県尼崎市の会社員の男(24)を書類送検した。容疑を認めている。
 書類送検容疑は8月22日ごろから9月4日ごろまでの間に、2回にわたって「ラグビー ワールドカップ リミテッド」社など3社のものと類似した商標をつけた偽ユニホーム2着を、2人の購入者に計1万4500円で販売したほか、販売を目的に所持したとしている。
 同署によると、男はこれまでに偽ユニホームを約150着仕入れていたとみられ、これをインターネットのフリーマーケットサイトに出品していた。同署のサイバーパトロールで発覚した。

ジャンルで探す