千代田のパトカー事故で重体の男児死亡

 千代田区麹町で8月、男児(5)が新宿署のパトカーにはねられた事故で、意識不明の重体だった男児が13日午前、都内の病院で死亡したことが警視庁への取材で分かった。
 麹町署は、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑でパトカーを運転していた男性巡査部長(51)を書類送検する方針。今後、詳しい死因を調べるとともに、パトカーのドライブレコーダー映像の分析や実況見分などで事故状況について捜査を進める。
 事故は8月18日午前10時40分ごろ、千代田区麹町の新宿通りの交差点で発生。パトカーは薬物事件の証拠品鑑定のため千代田区の警視庁本部に向かって緊急走行中で、横断歩道を青信号で渡っていた男児をはねたという。
 金井貴義地域部長は13日、「亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げる。二度とこのような事故が発生することのないよう、職員に対する指導・教養を徹底する」とコメントした。

ジャンルで探す