仏当局がフライトレコーダーのデータ回収成功 エチオピア航空機事故

 【パリ支局】フランスの航空事故調査局(BEA)は17日、エチオピア航空の最新鋭旅客機ボーイング737MAX8墜落事故で、フライトレコーダー(飛行記録装置)のデータ回収に成功したと発表した。ロイター通信が報じた。BEAはデータをエチオピアの事故調査当局に引き渡した。
 ボイスレコーダー(音声記録装置)のデータについては、16日に回収に成功したとBEAがツイッターで明らかにしているが、音声記録の内容は聞いていないとしている。

ジャンルで探す