富士山で男性2人が遭難か

 富士山の山梨県側から山頂を目指していた6人のグループのうち2人が下山せず、仲間が10日午後9時すぎ、同県警富士吉田署に通報した。同署は遭難の可能性があるとみて、11日早朝から捜索する予定だ。
 同署によると、一行は10日午前7時ごろ5合目の山小屋を出発。6合目付近で大阪府池田市の70代男性が遅れだし、8合目付近では京都府城陽市の60代男性が体力的に困難となり、一人で下山した。
 このほかの4人は山頂に登頂し、5合目の山小屋に下山したが、2人が夜になっても戻らないため、通報した。

ジャンルで探す