ロシア ウクライナに軍事侵攻

マック、びくドンで相次ぐポテト不足…ロッテリアも「予断が許されない状況」

1月9日より1カ月程度をめどに、「マックフライポテト」の販売をSサイズのみに限定しているマクドナルド。昨年12月24日から同月30日までM、Lサイズの販売を休止し、Sサイズのみに限定。その後、全サイズの通常販売が再開されたものの、再び販売制限を余儀なくされた。

同社の公式サイトによれば、ポテトは北米から輸入しており、《船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害、およびコロナ禍での世界的な物流網への混乱の影響による輸入遅延が発生しております》と供給不足を理由に挙げている。

同様の“ポテト不足”は他社にも波及し、「びっくりドンキー」では1月14日から全ての店舗で「びっくりフライドポテト」をはじめとする5つの商品が販売休止となった。その理由について、同社でも《当社がヨーロッパから輸入しているポテトについて、新型コロナウイルスの影響による国際物流の混乱と港湾の混雑悪化に伴い、船の入港が大幅に遅延しております》と調達困難な現状を明かしている。

その一方でフレッシュネスバーガーでは、北海道産じゃがいもを使用したフライドポテトの増量キャンペーンをスタート。同社の公式サイトによれば、“ポテトロス”に悲しむ人々をレスキューすべく打ち出したキャンペーンだという。

そんな“ポテト騒動”が繰り広げられるなか、Twitter上では《ロッテリアのポテトは大丈夫なんだろうか……》《ロッテリアはポテトサイズ制限ないのかな》と、ファーストフード大手のロッテリアを気に掛ける声も上がっている。

■「予断が許されない状況」

ロッテリア公式サイトによれば、「フレンチフライポテト」は、「アメリカ産ラセット種のじゃがいもを主に使用」と表記されている。輸入による調達が伺えることから、マクドナルドなどのように販売休止になる可能性はあるのだろうか? 現在の状況をロッテリア広報に話を伺った。

ーー今後、「フレンチフライポテト」の販売において、サイズ制限や休止といった予定や可能性はありますか?

「現状、お客様に提供できる供給量についてはいまのところ確保しておりますが、コロナ禍の影響による世界的なコンテナ不足に加え、工場の安定的稼働、運送の物流網の安定的確保、港湾閉鎖の回避等、不安定な状況がつづいているため、今後も予断が許されない状況に変わりはありません」

ーー供給不足を避けるため、どのような対策をとっていますか?

「過度な訴求や販促をさけるなど、ご利用いただくお客様への通常提供に影響がないよう心掛けています」

ーーマクドナルドが販売制限を行なったことで、御社に変化はありましたか?

「お客様に提供できる供給量についてはいまのところ確保しておりますが他社さま同様に予断が許されない中、弊社でも極度な販促や訴求・告知は控えているため、目を見張るような影響はございません」

ーー「フレンチフライポテト」は公式サイトでは、「アメリカ産ラセット種のじゃがいもを主に使用」と記されていますが、どのようなルートで輸入されているのでしょうか?

「フレンチフライポテトを取り扱う企業を通じて、アメリカ産ラセット種のじゃがいもを使用した冷凍のフレンチフライポテトをアメリカから海運で輸入しています」

ーー今後、供給不足の可能性が出てきた場合は、国産じゃがいもの使用も検討されていますか?

「市場ニーズや環境を踏まえたうえでお応えする選択肢もありますが、まずは現行の供給体制に注力していきたいと考えています」

ファーストフード店でも人気の高いメニューのポテト。目には見えない企業努力があってこそ、継続的な商品提供がなされている。

ジャンルで探す