子供のため開催のはずが…「使わない五輪駐車場」が子供のスポーツの場を奪っていた!

散歩に来た保育園児たちが鬼ごっこに興じる。サッカー少年や野球少年はボールを追いかけ、時に大人たちはタッチラグビーを楽しむ。週末となれば、笑い声や歓声で満ちあふれる……。

東京の南青山と六本木の間にある都立青山公園(南地区)で日常“だった”風景だ。青山公園の主要部分を占めるのは、一般的なサッカーグラウンドの3分の2ほどの大きさを誇る運動場。都心という場所柄、付近に球技を楽しめる公園はほかになく、近所に住んでいる大人も子供もボール遊びをしたいときは必ずここに集った。幼児や小学生向けのサッカー教室が開かれ、少年野球チームの練習場としても使われて“いた”。

だが、これが過去のものになってしまったのは、現在、運動場が東京オリンピック・パラリンピックの仮設駐車場に転用されているためだ。地面には鉄板が敷き詰められ、運動場の四方はフェンスで囲まれ一般人の立ち入りは禁じられている。フェンスには“6月14日から9月30日まではグラウンドを閉鎖するため使用できません”と書かれた貼り紙が。

■「車が停まっているのを見たことがない」

だが、不思議なのは、仮設駐車場に一台の車も停まっていないことだ。付近に住むサラリーマンはこう語る。

「毎日、この前を通って会社に通っているのですが、いつも空っぽ。車が停まっているのを見たことがありません。正確に言えば、過去に数度、公園の隅に1台2台乗用車が停まっているのを見たんですが、次に通ったときにはなくなっていました。週末になれば子供でいっぱいになる場所だったので、何ともさみしいですね」

また、子供を青山公園で行われていたサッカー教室に通わせていた保護者はこう語る。

「前を通りかかるたびに、何に使ってるんだろうと不思議に思っています。いま、教室は遠くの別の公園で行っているので、子供を連れて電車で40分近くかけて通っていますよ。場所が変わってから見かけなくなった子もいます。ここらへんは共働きの家も多いので、遠くまで通うのは難しいのかもしれません。ちゃんと駐車場として使われていたら、まだ仕方ないと思えるんですけど……」

近所の住民は車が停まっているのを見たことがないと口をそろえる。

■組織委員会「結果としては申し訳ない」

使われている形跡のない仮設駐車場。いったいなぜなのか。8月23日、駐車場を管轄する東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の輸送局の担当者に話を聞いた。

「この仮設駐車場は東京都から公園を借り受け、組織員会が整備したものです。もともとオリンピックとパラリンピックの観客を乗せた大型バスを停める予定でした。しかし、両方とも無観客になったので、使われていないということです」

もともと有観客を見越して整備されたものだったのだ。仮設駐車場としての役割を終えれば、原状回復したうえで東京都に返還されると予定だという。だが、8月16日にパラリンピックの無観客が決定したのちも、いっこうに都民に返すための工事などが行われている気配はない。

「まだ、学校観戦で使う可能性があるから現状のままにしています。使うか使わないか、どうなるかはまだわかりません。学校観戦は組織委員会ではなく、都の主催ですから、現在は都からの指示を待っている段階です」(担当者)

菅義偉首相(72)や小池百合子東京都知事(69)をはじめ、政府や五輪関係者は「スポーツを通じて子供に夢や感動を伝える」ためにオリンピックとパラリンピックを開催すると強調してきた。

だが、まったく使っていない駐車場によって、多くの子供たちから、スポーツや遊びの機会を奪ってしまっては本末転倒ではないか。そう聞くと、組織委員会の担当者はしばし沈黙したのち、言葉を選びながらこう言った。

「結果的にそうなってしたのは申し訳ないと思っています。まさか、こうなる(コロナ禍による無観客)とは思いもよらないことでした」

一刻も早い原状回復が待たれる。近所に住む主婦は取材にこう語った。

「都心には園庭のない保育園が多いんです。うちの子が通っている保育園もそうで、青山公園は大事な遊び場でした。ボール遊びをしたり、追いかけっこをしたり。運動会もあそこでやったんですよ。いまは小さな公園にお散歩に行っているんですが、なかなか思いっきり走ったりボール遊びは難しいみたい。早くのびのびと運動させてあげたいですね」

そもそも、公園を駐車場にする計画が出たとき、ここが子供たちの貴重なスポーツと遊びの場所であることを指摘する者は、組織委員会や東京都にはいなかったのだろうか。

ジャンルで探す