国内

雇われるだけじゃない。寝たきり社長が語る「障がい者が起業できる社会」

 ウェブサイト制作会社「仙拓」の社長、佐藤仙務(ひさむ)さんと初めてお会いしたのは2015年11月だった。佐藤さんは、脊髄性筋萎縮症(SMA)という、筋肉が萎縮してしまう進行性の病気を患っている。そのため、生まれてからずっと寝たきりだ。

 「体は動かないけれど、頭は人と同じように働く」が口癖。ハンディキャップをまったく感じさせない、非常にパワフルな26歳の青年社長だ。その佐藤さんが、いつものようにフェイスブックで話しかけてきた。「また、本を出版しました!」「テレビで取り上げられました!」。

「先天的に障がいを持った社長」と「後天的に障がいを持った社長」

佐藤仙務さんと恩田聖敬さんが著した『絶望への処方箋』(左右社)

 タイトルは『絶望への処方箋』(左右社)。共著者は、35歳の若さでJリーグ・FC岐阜の社長に就任した恩田聖敬(さとし)さん(39)だ。恩田さんは、社長就任と時をほぼ同じくして筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、2015年末に社長を辞任した。いまは、自身の表現活動を行う「株式会社まんまる笑店」の社長を務めている。

 本書は、「働くこと」をテーマにした、二人の対談だ。「先天的に障がいを持った社長と後天的に障がいを持った社長の違いが知りたかった」と、佐藤さんが恩田さんに働きかけて実現した。

 恩田さんは、2014年の社長就任と同時にALSを発症した。ALSの発症を知った恩田さんの絶望が、ページから伝わってくる。五体満足だったときを知っているだけに、自分の体が動かない歯がゆさ。できることができなくなっていく……。

 恩田さんと違って、佐藤さんは、生まれつきの寝たきりだ。「僕はもうずっとマイナス。ゼロにいこうが、プラスにいこうが、どちらにしろ僕にとっては儲けもん」とあっけらかんとしている。

 それぞれが寝たきりになった事情は違うが、二人に共通するのは「働くことを諦めない」という信念だ。しかし、「働くこと」と「雇ってもらうこと」は必ずしも同じではない。彼らは、「仕事を作る」という強い意思を共通して持っている。

障がい者の起業が想定されていない社会

 障がい者は、ハンディキャップを持っているには違いないし、それが克服できるようなハードやソフトの整備も必要であることに違いない。そして、社会はその方向に動いている。

 たとえば「障害者雇用促進法」という法律だ。国は、障がい者と障がい者でない人が均等な雇用機会が得られるよう、法定雇用率を設けて、障がい者の雇用を義務付けている。しかし、二人は「この法律は、本当の意味で障がい者の社会進出を促進しているのだろうか?」と問題提起をする。

 佐藤さんは「仙拓の障がい者雇用率は何パーセントだと思いますか?」と問いかける。答えは「ゼロパーセント」だ。

 社長の佐藤さんと同じ病気を持つ副社長の松元拓也さんは役員なので、数字にカウントされない。ほかの障がいのある社員は、なかなか週に20時間以上働けない。短時間労働者とみなされ、障がい者の雇用率に反映されない……。

 さらに恩田さんは、障がい者の社会進出を考えるうえで、「現在は、障がいがある人が経営することを想定していない制度になっている」と指摘する。恩田さんは続ける。「障がい者を補佐する立場の人に対して、人件費として補助金が出ますが、それは、その障がい者が従業員である場合です」。つまり、経営者が障がい者の場合には補助金が出ないのだという。

 「社長になった障がい者が、たとえば健常者をたくさん雇う。そうやって、健常者、障がい者という分け方をしないでいい社会をつくっていければいい」と恩田さん。

 障がいを持った少なくない数の人は「会社が雇ってくれない」と嘆く。佐藤さんも、一時はそう考えたが、自分の会社を設立した理由は「雇ってくれる会社がなければ、自分で作ればいい」だった。障がい者は、被雇用者としてのみ、社会参加するのではない。雇用者としても社会を作っていくのだ。

佐藤さんが経験した「絶望」とは?

 そんな強い意思を持った佐藤さんでも「絶望」した経験はあるのだろうか? そう聞いたら、佐藤さんは「あります」と答えた。

 2015年の終わりから2016年の7月にかけて、呼吸不全で入院し、気管を切開して声を失う可能性のある手術をした。一時期は集中治療室に入り、医者からは「もう話せない」と言われた。喋るのが好きなのに、それができなくなる。「声が出ない状態で生きていくのが怖かった」と。

 できることができなくなっていく絶望感だったのだろう。結局、声を失わずに済んだが、その恐怖と戦っているうちに「声の出ない人は、意思伝達をどうしているんだろう」とそんな疑問に考えが及んだ。

テクノロジーと雇用の創出

デジタル透明文字盤を扱う佐藤さん(YELLTECHのYoutTubeより)

 調べているうちにデジタル透明文字盤による「視線入力装置」の存在を知る。眼球の動きでパソコンを操作するシステムだ。退院後、このシステムを導入し、タイピング速度が10倍近く向上したのだという。そして、現在は、名古屋市にある椙山女学園大学と共同で、障がい者をICTで支援するサークル「Y E L L T E C H」を立ち上げ、病院や特別支援学校に出向いて、視線入力システムのデモンストレーションをし、普及活動を行っている。

 佐藤さんは「テクノロジーの進化は本当に助かっている」と本書で何度も述べている。恩田さんも「ALS患者は身体のいろいろな部分が動かさなくなっても、最後に眼の動きだけは残るのが一般的」「情報の格差が生活の質の格差につながってしまう」と話す。

 テクノロジーが進化して、障がい者の働く場所が増えていく。そうした未来を二人は描いている。

 佐藤さんは「絶望の入院のおかげで、佐藤がさらに進化した」と明るい。私が「転んでもタダでは起き上がらないですね」と水を向けたら、佐藤さんは「いえ、ずっと寝てます」と笑った。佐藤さんらしい、ユーモアある受け答えだ。

 佐藤さんは、本書でこんなふうに言っている。「障がいをもって生まれた子どもたちは、大人になったときに働く場所がなかったり、不憫な思いをしたりしないよう、僕と恩田さんでいまから変えていくから、安心して未来を待っていてほしい」。