警部が酒気帯び運転=基準値7倍で逆走―沖縄県警

 酒を飲んで車を運転したとして、沖縄県警は16日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で県警地域課警部の山城順一容疑者(58)=うるま市石川山城=を逮捕した。基準値の約7倍のアルコールが検出され、山城容疑者は「酒は抜けていると思って運転した」と供述している。
 逮捕容疑は16日午後4時30分ごろ、うるま市石川伊波の道路で呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールを体に帯びた状態で、普通乗用車を運転した疑い。
 県警監察課によると、同日午後4時25分ごろ、「対向車線を逆走している車がいる」と110番があった。石川署員が駆け付けると、山城容疑者が車から出て歩いており、検査したところ基準値の約7倍のアルコールが検出された。 

ジャンルで探す