岩手医大など入試「不適切」=文科省が指摘

 大学医学部の不正入試問題を受けた文部科学省の緊急全国調査で、同省が岩手医科大など3校の入試を「不適切」と指摘していることが7日、関係者への取材で分かった。岩手医大では最終的に合格者を決定する段階で、不適切な事例があったという。
 関係者によると、同省は岩手医大のほか、金沢医科大と福岡大にも不適切な事案があったと指摘したという。3校は8日に記者会見を開いて説明するとみられる。 

ジャンルで探す