藤井棋士、史上最年少で七段に=竜王ランキング戦決勝進出

第31期竜王戦ランキング戦5組の準決勝で船江恒平六段に勝ち、感想戦で笑顔を見せる藤井聡太七段=18日午後、大阪市福島区

 将棋の最年少棋士の藤井聡太六段(15)が18日、大阪市内で指された第31期竜王戦ランキング戦5組の準決勝で船江恒平六段(31)に72手で勝ち、61年ぶりに史上最年少記録を更新する15歳9カ月で七段に昇段した。
 決勝進出で4組昇級が決まり、昨年は6組から5組に昇級しているため、「六段昇段後、竜王ランキング戦連続昇級」という七段昇段規定を満たした。今年度の戦績は無傷の5連勝に伸ばした。
 藤井七段と同じ中学生でプロになった棋士は過去に4人おり、七段昇段のこれまでの最年少記録は加藤一二三・九段(78)の17歳3カ月だった。次いで谷川浩司九段(56)が18歳11カ月、羽生善治2冠(47)=竜王、棋聖=が20歳0カ月、渡辺明棋王(34)は21歳5カ月。プロ入り1年7カ月での藤井七段のスピード昇段ぶりが際立つ。
 ランキング戦5組決勝は6月5日に行われ、対局相手は石田直裕五段(29)。藤井七段が勝てば昨年に続いて決勝トーナメントに進出する。 

ジャンルで探す