藤井聡太八冠(21)が王座就位式 永瀬拓矢九段との激闘と八冠達成振り返り「高揚感、緊張感あった」

前人未到の8大タイトル独占を達成した、将棋の藤井聡太八冠(21)は12月22日、「王座」の就位式に臨みました。

東京都内のホテルで行われた「王座」就位式。

CBC

CBC

(日本将棋連盟 羽生善治会長)
「あなたは今期、王座戦決定戦に優勝されました。第71期王座を允許(いんきょ)します。令和5年12月22日 日本将棋連盟会長 羽生善治。おめでとうございます」

羽生善治会長(53)から藤井八冠へ渡された「允許状」。会場は大きな拍手に包まれました。

(藤井聡太八冠)
「初めて挑戦権を得られた今期の王座戦は、大きな注目をいただくシリーズになった。その中で対局できることをうれしく思い、同時に高揚感、緊張感もあった」

CBC

藤井八冠は、ことし8月から10月に開催された王座戦五番勝負で、永瀬拓矢九段(31)に挑戦。

「名誉王座」の永世称号をかけて立ちはだかった永瀬九段を相手に、初戦は落としたものの、その後3連勝で王座を獲得。

史上初の8大タイトル独占を達成しました。

(藤井八冠)
「第1局と第2局は終盤まで競り合いの続く将棋にすることができた。一方、第3局と第4局は経験の少ない展開で、リードを奪われ苦しい局面が続いた。その中で勝つことができたのは本当に幸運だった」

CBC

CBC

藤井八冠はプロデビュー直後から、永瀬九段とは練習対局を重ねてきた研究仲間。

その会場として自身の研究室を提供し、2人を見守ってきた師匠の杉本昌隆八段(55)も22日駆け付けました。

師匠の杉本八段「永瀬九段に鍛えられ、藤井八冠はここまで来られた」

(師匠 杉本昌隆八段)
「雨の日も風の日も忙しい合間を縫って、研究会をしていた印象がある。藤井八冠はタイトル戦で敗戦した2~3日後、永瀬九段も重要な対局で負けた翌日。2人とも忙しく対局で疲れていたと思うが、当たり前のように名古屋で研究会をしていた。2人が強いのは当然だなという気がした。そんな永瀬九段に鍛えられて藤井八冠はここまで来られたと思う」

CBC

CBC

ことし10月、日本将棋連盟は2人の研究会の様子を再現した、特別対局を生で観戦できる権利をクラウドファンディングで出品。

「新将棋会館建設プロジェクト」の一環です。

値段はなんと80万円! 開始わずか30分で完売となりました…この状況に、杉本八段は。

(杉本八段)
「私は2人の研究会を毎回タダで見せてもらって申し訳ない」

CBC

CBC

絶対的王者となった藤井八冠ですが、22日の就位式で改めて…

(藤井八冠)
「課題の残るシーズンだったがそのことを前向きにとらえて、来期により良い将棋が指せるよう取り組んでいきたい。このような素晴らしい舞台で対局できた経験を今後に生かしていけたら」

CBC

勝っておごらず…藤井八冠は来年1月7日から、王将戦七番勝負で菅井竜也八段(31)の挑戦を受けます。

ジャンルで探す