県道を横断していた83歳女性が軽乗用車にはねられ死亡 車いすの夫も重傷 愛知・豊田市

27日夕方、愛知県豊田市で車いすの夫と道路を横断していた83歳の女性が、軽乗用車にはねられ死亡し、夫も重傷を負いました。


 

CBC



27日午後5時半ごろ、豊田市若林東町の県道で、道路を横断中だった近くに住む無職、小川和子さん(83)と、車いすに乗った夫(89)が軽乗用車にはねられました。


 

CBC




この事故で小川さんは頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。夫もろっ骨や腰の骨を折る重傷を負いました。



 

CBC




警察は軽乗用車を運転していた安城市の派遣社員、佐藤一弥容疑者(38)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、警察は事故の詳しい状況を調べています。

ジャンルで探す