愛知県が大規模接種会場での接種回数を11月10日から拡大 5会場で1日4000人可能に 新型コロナワクチン

愛知県は、新型コロナワクチンの大規模接種会場の接種可能人数を、11月から拡大することになりました。

 

CBC




10月21日からオミクロン株対応のワクチンの接種間隔が、5か月から3か月に短縮されたことを受け、愛知県では11月10日から県内5か所にある大規模接種会場のうち3か所で、接種規模を拡大することになりました。

 

CBC





これにより、1日に接種可能な人数は最大1000人増え、5つの会場で約4000人になります。
 

CBC



また、東海三県の新型コロナの感染者数は、愛知県で1959人、岐阜県で728人、三重県で605人で、いずれも先週の同じ曜日より増えています。

ジャンルで探す