将棋・藤井五冠「王位」3連覇 20代初防衛、最年少でタイトル10期獲得

将棋の藤井聡太五冠が6日、タイトル3連覇に王手をかけていた王位戦第5局で挑戦者の豊島将之九段に勝ち、20代初のタイトル防衛を決めました。

CBC


5日から静岡県牧之原市で行われていた王位戦七番勝負の第5局。ここまで3勝でタイトルに王手をかけていた愛知県瀬戸市出身の藤井五冠が愛知県一宮市出身の豊島九段に128手で勝ち、「王位」3連覇を達成しました。

CBC


ことし7月に20歳になった藤井五冠にとって20代初のタイトル防衛です。

CBC


今年度、「叡王」「棋聖」に続き3つ目のタイトルを防衛した藤井五冠。次の防衛戦は10月7日から始まる竜王戦七番勝負で、将棋界最高峰のタイトル初防衛を目指し広瀬章人八段の挑戦を受けます。

CBC


今回の勝利で、藤井五冠は史上最年少でタイトル10期を獲得し羽生善治九段の持つタイトル10期獲得最年少記録を28年ぶりに更新しました。

CBC


(藤井五冠)
「タイトル獲得数自体は意識している事ではない。来月から竜王戦などもある。そもそもどの対局でも何とか良い状態で臨めるようにと意識してやっていけたら良い」

ジャンルで探す