ライフジャケット・消火設備・避難経路…知床遊覧船の事故を受けて旅客船の安全点検 三重・鳥羽市

夏休みを前に、旅客船の総点検

三重県鳥羽市で行われた旅客船の総点検。

ことし4月に北海道・知床沖で観光船が沈没した事故を受けて実施されたもので、7月1日は、中部運輸局鳥羽海事事務所の職員らが、「伊勢湾フェリー」の事務所を訪れ、出航前検査の実施状況を確認しました。


続いて船に乗り込み、ライフジャケットなどの安全装備や、消火設備を点検したほか、避難経路を入念にチェックしました。

(中部運輸局鳥羽海事事務所 岩崎雅樹所長 ) 
「事故をした時の避難誘導については、お客さんがパニックになります。どうやって誘導できるかどうかが重要だと思います」

総点検は、これから2週間ほどをかけて行われるということです。

ジャンルで探す