藤井五冠が「天空の対局場」に登場 「名人戦」挑戦権の獲得を目指す初戦が始まる

22日朝、名古屋駅前に「天空の対局場」となる「名古屋将棋対局場」が開場しました。こけら落としは藤井聡太五冠が「名人」獲得を目指す順位戦A級の初戦です。

CBC


名古屋駅前のミッドランドスクエア25階、地上120メートル「天空の対局場」は東京と大阪の将棋会館に続く全国3番目の公式対局拠点として、トヨタ自動車がオフィスの一室に畳85枚を敷き、無償提供したものです。

CBC


(トヨタ自動車株式会社 桑田正規・副社長)
「東海地区で頑張っている棋士の皆さまの活躍を応援したい、役に立ちたいということで、今回この場所をお貸しすることになった」

CBC


瀬戸市出身の藤井聡太五冠はセレモニーの後、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段との名人戦・順位戦のA級1回戦に臨みました。


先手の藤井五冠は数秒間目を閉じ、いつも通りお茶を口に含んだ後、初手を指しました。

CBC


「順位戦」は将棋の八大タイトルのうち最も歴史のある「名人戦」の“予選リーグ”にあたるもので、最上位クラス=A級の10人の棋士が「名人」挑戦権をかけて総当たりします。


藤井五冠は、今年度初めてA級に参戦。

CBC


トップになって「名人」に挑戦しタイトルを獲得すれば、史上最年少20歳での快挙となります。


一方、藤井五冠の隣では師匠の杉本昌隆八段がB級2組1回戦に臨み、師弟そろい踏みで東海地方の将棋史に新たな1ページを刻みました。

CBC


そして22日の勝負めしですが、藤井五冠が「油淋鶏弁当」。

CBC


対する佐藤九段が「大海老フライのごきげん弁当」でした。


両者の対局は、22日夜遅くには決着する見込みです。

ジャンルで探す