【速報】一連の強盗事件 8都県14事件が一連のものか…すでに30数人の実行犯を逮捕 警察庁が明らかに

全国で相次いでいる強盗・窃盗などの事件をめぐり、警察庁は8つの都県あわせて14の事件が一連のものと疑われると明らかにしました。また、14の事件をめぐって、すでに30数人の容疑者を逮捕しているということです。

警察庁によりますと、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、広島、山口の8つの都県で、去年10月以降に発生した14の強盗などの事件については、一連のものと疑われるということです。

また、この14の事件をめぐり、すでに30数人の容疑者が逮捕されています。いずれも10代~30代だということです。

一連の事件と疑われると判断した理由について、警察庁は▼SNSによる募集や▼複数人による犯行、▼指示を受けて押し入っているなど手口が似ていることなどをあげています。

また、この8都県14事件以外でも、大阪、京都で関係が疑われる強盗事件が少なくとも1件ずつあるということで、関連を調べています。さらに、群馬、福岡、滋賀、岡山で起きている窃盗事件などについても関連を調べています。

ジャンルで探す