新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

小室圭さんが思わぬ人気回復で眞子さま笑顔の一方で、菅首相「男系最優先」発言が物議

二人そろった姿を見られる日も近い!?(時事)

 このところ暗い話題ばかりが多かった秋篠宮家に、久々に明るいニュースが報じられた。『週刊ポスト』(2月1日発売号)は、眞子内親王との結婚が暗礁に乗り上げている小室圭氏が、最近になって宮内庁内で人気回復していると報じている。

【写真2枚】ニューヨーク留学の成果が見え始めた小室氏。眞子さまも笑顔が増えたか

 その理由は、1月上旬に発表されたニューヨーク州弁護士会主催の論文コンペで準優勝したためで、庁内で「優秀じゃないか」「弁護士として十分独り立ちできるのでは」と評価が上がっているのだという。同コンペの入賞者は、トップクラスの弁護士事務所に所属するケースも多く、順調にいけば年収1億円も見込めるエリートへの登竜門なのだとか。もちろんそれは「順調にいけば」という仮定の話にすぎないが、同コンペで論文審査するのは、ニューヨーク州で最前線に立つ一流弁護士たちなので、将来の上司や同僚になるかもしれないエリートたちから「いい論文だ」と認められた意味は大きい。

 小室氏をめぐっては、母・佳代さんの400万円借金問題や、佳代さんや自身の過去の言動が、皇族を妻に迎える家族としてふさわしくないといった批判が多かった。小室氏が能力を示し、将来の生活も安泰だと認められれば、国民も納得しやすくなる。秋篠宮皇嗣は、昨年の誕生日会見で2人の結婚を認めるとする一方で、「国民の多くが喜んでくれる」環境が整うことが望ましいと繰り返している。小室氏の将来が有望だとなれば、眞子内親王の結婚を国民が喜ぶ環境は整うかもしれない。

 眞子内親王の結婚が近づけば、待ったなしになるのが女性宮家問題だ。現在の皇室には若い世代が少なく、しかも男性は秋篠宮家の悠仁親王だけ。女性皇族が次々と結婚して皇籍離脱すれば、公務を支える皇族が足りなくなる。そのため、女性皇族にも宮家を持たせ、結婚後も皇族としての務めを続けてもらおうというのが女性宮家の構想である。しかし、これは将来の女性天皇や女系天皇につながるという懸念から、それに反対する保守派には反対論も根強い。

 そのデリケートな問題に、菅義偉・首相の不用意な発言が直撃した。菅氏は1月3日、ニッポン放送の番組に出演し、将来の皇室のあり方について、「まず男系継承を最優先にしていくべき」と発言した。コロナ対応の不手際で支持率が下がり続けたタイミングだけに、おそらく安倍前政権時代から支持層の中心だった保守派の歓心を買いたいという下心があったのだろうが、その魂胆は見透かされてしまった。

「これまで菅総理は皇室についてほとんど語ってきませんでした。昨年の所信表明でも何も言わなかったし、今年の年頭所感でも皇室への言葉はありません。男系継承を最優先にするというのは政府の方針だから正論を言っただけではありますが、ずっとコロナやオリンピック優先で皇室に触れなかったのに、なぜ今そのようなことを突然言い出すのか、疑問を感じました」(宮内庁関係者)

 菅氏の言葉を文字通りに解釈すれば、天皇を継ぐのは秋篠宮皇嗣、悠仁親王ということになる。天皇家の一人娘である愛子内親王は今年20歳になるが、もし結婚すれば、ただちに皇室を離れなければならない。

「総理の言葉を聞けば、天皇ご一家は不安が募るばかりではないでしょうか。政府が将来の皇室をどう考えているかわからず、女性宮家問題も全く動きがない。まるで女性天皇への道が断たれたようにも聞こえる話をされて、雅子皇后も愛子さまの将来について悩まれているのではないか。最近ご体調がよくないというのも、成人される愛子さまの今後を案じておられることが関係しているのではないでしょうか」(同前)

 国会では官僚が書いたペーパーを棒読みするだけの菅首相だが、自分の言葉で話し出すとすぐに炎上する。秋篠宮家に一筋の光明が差す一方で、棚上げされている女性宮家問題のタイムリミットはどんどん迫っている。

ジャンルで探す