SNSでの「晒しあげ」 特殊詐欺集団と複雑に絡み合う背景

特殊詐欺メンバー募集はSNSで行われている(時事通信フォト)

 ツイッターで「持ち逃げ」と検索すると、国政への怒りのツイートとともに、具体的に人名や家族構成、写真など個人情報を掲載した人探しツイートがいくつか見つかる。金を持ち逃げした人物なので探しており、目撃したら連絡してほしいという内容なのだが、このうちの少なくない件数が、特殊詐欺に関係した人物捜索なのだという。ライターの森鷹久氏が、SNSによって集められ、SNSによって捜索される特殊詐欺要員の変質についてレポートする。

【写真】探し人もSNSで

 * * *
 今年5月、埼玉県和光市のマンション駐車場に駐まっていた車の中から刺殺体が見つかった事件で、埼玉県警は死体を遺棄した疑いで埼玉県内在住の男(23)と、東京都内在住の少年(19)を逮捕した。県警はすでに、この事件に関与した疑いで複数の男たちを逮捕していたが、彼らに共通したのは「詐欺事件」にも関わっていたのではないか、ということである。

「捜査当局によれば、逮捕された者たちは、いずれもSNSなどで集められた詐欺集団の末端要員です。特殊詐欺で現金の出し子や受け子役を担っていたとみており、なんらかのトラブルから被害者を殺害するに至ったようです」(大手紙警察担当記者)

 被害者は大分県出身の31歳男性。周辺取材を行うと、被害者が少々やんちゃな青春時代を過ごしていたことは判明したものの「殺人事件に巻き込まれるほどの悪ではない」(被害者の地元知人)といい、関東に出てきて以降、金銭的に逼迫するなどし、軽い気持ちでSNSを用いて詐欺集団に接触を試みていたのではないか、という可能性も見えてきた。捜査中ではあるが、そうした犯罪グループにみられやすい「仲間割れ」と、さらに「凶暴化」するメンバーの典型的なパターンの先に起きた殺人事件ではないかと思われたのだ。

 なぜ、彼らはすぐに仲間割れを起こし、そして凶暴化しやすいのか。

「いまでは特殊詐欺事件に関して、実行部隊はほぼ100%、SNS上で集められるようになった。犯行前に落ち合った時が初対面で、自己紹介もなければ、最後まで互いの年齢や名前すらわからないし、出すな、と指示役から指導されている」

 こう説明するのは、2010年代前半に、自らも特殊詐欺の指示役として逮捕された経験のある会社員・嶋崎文夫さん(仮名・40代)。嶋崎さんが犯行に手を染めていた時代、詐欺事件の末端役は地元の下級生や不良グループの後輩であるパターンが多く、嶋崎さんも、後輩が逮捕されたことによる当局の突き上げ捜査によって関与が発覚、逮捕されたのだった。

「知り合い同士でやれば芋づる式にパクられるというリスクが高いため、現在は兵隊(詐欺の末端要員)をネットから引っ張ってくるようになっています。誰か一人がパクられても、仲間の名前や指示役がどこの誰かも知らされていないため、捜査はそれ以上進まない。ただ、仲間同士で仕事(詐欺)をやっていた時代は、それなりに統制がとれたのも事実。昔はそうなかったのですが、詐欺で得た金をメンバーの誰かが持ち逃げする、メンバー同士で金の取り合いをし、殺しまでやる奴が出てくるというのは、お互いが見ず知らずだからこそ起きる揉め事です」(嶋崎さん)

 詐欺を地元の仲間などとやっていた時代、お互いに実家の場所、親の顔まで知っていたために結束力はそれなりに高かったという。口が硬い部下は、たとえ逮捕されても先輩指示役について絶対に吐くことなく、一人で刑務所に入った。ただ、一人でも「吐く」奴がいれば、グループは根こそぎ摘発される。

 当然、一番摘発のリスクにさらされる出し子や受け子などの現場要員になりたがるものは少なくなった。その結果、指示役にとっても都合の良い「SNS経由で集められた要員」が現場を占めることになったが、所詮は寄せ集めであり、統制が取れるはずもない。

「SNS経由で集められた連中は、必ず指示役から身分証の提示を求められます。免許証や住民票、実名SNSの報告や、自宅玄関前でセルフィー(自撮り写真)を撮らせることも。こうすることで、逃げたり裏切ったりしたら家族にも危害が及ぶかもしれないと危機感を植え付ける。ただ、それでも身近な知り合いでもないからと、詐欺の指示役を裏切る奴が後を絶たない」(嶋崎さん)

 SNS上には、免許証や電話番号などの個人情報、さらに顔写真と「金を持ち逃げした」という文言とともに「晒されて」いる人々がいる。そのほとんどが、こうした揉め事、仲間割れに関与した人物なのだという。詐欺を働く目的で集まったのだから、何かあっても自分が訴えられることはない、ということだろうが、それに対する指示役側の精一杯の嫌がらせが、この「晒し」行為のようである。

「晒されている人物は、見た目にもヤンキー風情の若者たちばかりではない。50歳を超えるおじさんや40代のおばさんの写真や免許証、ひどい時はその家族構成までが晒されている。こうして晒されたことで地元でも噂になり、帰る場所を失ってさらに詐欺の深みにはまって、もう普通の生活には戻れなくなる。逃げることに精一杯になり、自分でも気がつかないほど自分本位になると、仲間を裏切ったり、詐欺で得た金の持ち逃げだって普通にやり始めるようになるでしょう。どんどん仕事(詐欺)もやりづらくなるから、先鋭化した仕事、危険な仕事でも飛びつく。結果、より凶悪な犯罪に関与することになります」(嶋崎さん)

 また、特殊詐欺グループの末端要員が「凶悪化」する理由については、かつて横浜市内で発生した特殊詐欺事件で逮捕され、その後メンバーに対する暴行や監禁容疑で再逮捕された経験を持つ自営業・栗本翔さん(仮名・40代)が次のように解説する。

「以前の詐欺グループは顔見知りばかりで、メンバーに入れる際、どんな犯行をやらせるかという時、かなり慎重に吟味されていたような気がします。例えば、あまりにもバカな奴に、特殊詐欺の電話をさせてもボロが出るでしょう。面接までやっていたくらいです。SNSで集められた人間に、そういう見極めはできない」(栗本さん)

 詐欺というからには、相手を騙すために当然騙す側は頭を働かせる必要がある。そのために特殊詐欺事件は「バカにはできない」と断言する栗本さん。さらにこんな理由もあるという。

「昔の詐欺は、親や兄弟、友達にも言わず慎重にやっていたものです。SNSで気軽に犯罪をやろう、見知らぬ人の指示に従おうってやつの気が知れない。現在の詐欺末端要員の集め方は、そういった危機感もなければ社会常識も知らない本物のバカしか集まらないシステム。金がないからといった単純な理由で詐欺に参加し、ちょっとした揉め事でメンバーを殺してしまうことだってある」(栗本さん)

 そもそも詐欺師自身が暴力を好まない。人を叩いたり殺めたりせず、騙して金品を奪い取るから詐欺師なのだと力説する。それが今日、詐欺師と言われる人たちがいとも簡単に人間に直接的な被害を与えるようになった。東京・江東区で発生した、特殊詐欺犯達による「アポ電強盗殺人事件」により、こうした潮流が可視化されたのである。

「江東区のアポ電事件の犯人のうちの一人も、金を持ち逃げしたということでSNS上に顔写真が晒されていました。普通、いくら金を持ち逃げされたからといって、詐欺の指示役が末端の顔をSNSに晒しあげるなんて考えられない。指示役自身の摘発の可能性も高まるからです。ある意味で詐欺師たちの劣化が進み、そこに無思慮な一般人が多く取り込まれ、これまで起きようがなかったような考えられない凶悪事件に発展しているんです」(栗本さん)

 筆者は従前より、先鋭化する特殊詐欺犯達を取材し記事にしてきた。当時はまだ「杞憂」に過ぎなかったが、つい最近にも、SNSで集められた男達がいきなり「押し入り強盗」を引き起こし逮捕されるという事件も起きた。詐欺師というよりも、詐欺を皮切りに殺人さえ厭わないという人々を生み出すような仕組みが出来上がっているようにも感じている。詐欺グループの新メンバーではなく、凶悪な犯罪集団がSNSによって集められるようになっている、というのが現実のようだ。

ジャンルで探す