「二・二六事件」85年目の真実 唯一“戦死”した陸軍大将

渡辺錠太郎大将の最後の写真。事件の6日前に撮られた(渡辺家蔵)

 日本最大のクーデター未遂事件──二・二六事件。その衝撃は大きく、事件を取り扱った書籍は膨大で、事件関係者の回想から、作家やジャーナリストによる著作、学者による研究と、その種類は多岐にわたる。小説や映画などにも数多く描かれてきた。

 しかし、この事件で殺害された要人のうち、陸軍の教育総監だった渡辺錠太郎については、これまであまり多くを語られてこなかった。

 地元(愛知県小牧・岩倉)を除いては一冊も評伝がなく、歴史的な事件の犠牲者にしては、さほど知名度は高くない。娘のシスター渡辺和子が、ベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』などの著作の中で渡辺家を襲った事件について書いているため、多くの読者は錠太郎の悲劇を知っている。だが、その人となりや、「戦争回避」「非戦」を訴えていた錠太郎の思想や軍歴が語られる機会は少なかった。

 そんな人物の初めての本格評伝『渡辺錠太郎伝』(岩井秀一郎著・小学館)が刊行されたことで、事件から85年目を迎える今、にわかに注目が集まっている。

◆井伏鱒二が見聞した「渡辺邸襲撃」

 渡辺錠太郎襲撃については、他の被害者と異なる点がいくつも指摘されている。

 まず、襲撃場所となった渡辺錠太郎の私邸は、杉並区荻窪にあった。他の襲撃場所が永田町や赤坂、九段など東京の中心部だったのに対して、渡辺邸だけが都心から離れた場所にあった(*注)。また、元首相の斎藤実(まこと)内府を襲撃・殺害した後の「第二次目標」だったため、時刻も夜明けが近い午前6時前後だった。そのため、多数の近隣住民が雪に覆われた住宅街にとどろく銃声を耳にしている。

【*注/もう一人、元内府の牧野伸顕は湯河原の滞在先を襲われたが、難を逃れている】

 作家の井伏鱒二(いぶせ・ますじ)も、その一人だった。著書『荻窪風土記』(新潮社)にこうある。

〈渡辺大将の家は荻窪の私のうちの近くにあるが、大将が襲撃されるなど思ってもみたことがない。[中略]

 すると玄関の土間に朝刊を入れる音がした。私がそれを取りに起きて再び横になると、花火を揚げるような音がした。いつも駅前マーケットで安売する日は、朝早く花火を揚げる連続音が聞えていた。

「今日は早くからマーケットを明けるんだな」

 私は独りでそう言って、新聞を顔の上に拡げたきり寝てしまった〉

 さらにこの襲撃が、他の要人のケースと大きく違うのは、渡辺本人が襲ってきた決起将校らに対して反撃していることだ。『渡辺錠太郎伝』著者の岩井秀一郎氏が解説する。

「渡辺は襲撃グループに応戦し、拳銃の弾を撃ち尽くしていました。この日、二・二六事件で襲撃目標とされた人物の中で、応戦した警察官などを除いて、唯一『戦死』したのが渡辺錠太郎でした。渡辺はもともと射撃の名手として知られ、腕に自信があったため、逃げることなく応戦したものと思われます。しかし、襲撃部隊は30人ほどで、軽機関銃や小銃で武装しており、とても渡辺1人(ほかに護衛の憲兵2名)では太刀打ちできませんでした」

◆機銃掃射で「蜂の巣のように」

 井伏は、渡辺の被害についてその後に近所で伝え聞いた話も記録している。

〈襲撃に来た兵隊は[中略]庭に入って機関銃を据えて発砲した。渡辺さんは軍人だから「打つなら打て」と言って、自分もピストルを抜いて応戦した。

 騒ぎが終り反乱兵が引揚げると、四面道(しめんどう)の戸村外科医が応急手当をしに渡辺さんのうちへ呼ばれて行った。蜂の巣のようになっていて、手がつけられるものではなかったという。[中略]

 二・二六事件があって以来、私は兵隊が怖くなった〉(前掲書)

 襲撃対象の中でただ一人、決起将校らと同じ陸軍軍人だったことも、渡辺錠太郎殺害の意味を見えにくくさせている理由かもしれない。

 二・二六事件は、軍部独裁を目指す「皇道派」と呼ばれるグループが中心になって起こした事件だった。渡辺自身は当時、どの派閥にも属していなかったが、事件の首謀者である皇道派の磯部浅一は渡辺のことを、〈吾人の行動に反対して弾圧しそうな人物の筆頭〉と断じていた。そうした派閥争いの中で「敵」と目され、荻窪まで30名の武装将兵がやってきて殺害されたのだった。

 そう考えると、唯一の「戦死」の意味は決して小さくない。「非戦」を訴えていた渡辺錠太郎の死は、その後の日本の命運を暗示していたともいえるのではないか。

ジャンルで探す