小室圭さんが文書発表、母の元婚約者の困惑と眞子さまの落胆

沈黙を守っていた小室母子についに動きが(共同通信社)

「これでは火に油を注いだようなものでしょう。ご一家内の状況、特に眞子さまと秋篠宮ご夫妻の関係が心配です」

 こう肩を落とすのは秋篠宮家に近い、ある宮内庁関係者。秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者、小室圭さんが1月22日、弁護士を通じて文書を発表した。

《多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました》

 小室さんは2017年9月の婚約内定会見以来の長い沈黙を、突然、そうした主張で破った。

 文書発表直後、本誌・女性セブンの取材に対し、元婚約者のAさんは「反論」を語った。前出の宮内庁関係者も「小室さんの文書はあまりに一方的で、“大人の対応”とは思えない」と落胆する。文書公表の衝撃は、あまりにも大きい。

 2017年12月、週刊誌報道で小室さんと母・佳代さんに関する借金問題が発覚した。

「小室さんの父・敏勝さんは、小室さんがまだ小学生だった2002年に自死しました。その後、佳代さんは2007年頃に出会ったAさんと2010年秋に婚約しました。Aさんはもともと小室さんの知り合いで、小室さんに母親を紹介される形で交際に発展。佳代さんから“母子家庭だと圭の就職に不利だから”“圭のために父親になってほしい”と頼まれ、婚約したそうです」(皇室記者)

 婚約期間は約2年。その間、

《申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか》
《とりあえず10万円程お願いします》

 などと、佳代さんからAさんにメールなどでお金の無心が続き、Aさんは約400万円を援助したという。

「Aさんは“財布”のような扱いに嫌気がさし、2012年秋に婚約を解消。その後、Aさんが金銭の返済を求めたが、今に至るまで返済はありません。金銭トラブルは当初、“母親の問題であって小室さん本人の資質とは無関係”という世間の認識もありました。しかしその後、Aさんのお金が国際基督教大学(ICU)への入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料などに充てられていたことがわかり、また、小室さんがAさんに“贈与だと認識している”と主張したと報じられ、借金問題が『小室さん本人のこと』になったんです」(前出・皇室記者)

 2018年2月、一般の婚約にあたる「納采の儀」の予定日まで1か月を切ったタイミングで、結婚関連行事を2年延期することが発表された。そして、2018年8月、小室さんは突然、留学のため、米ニューヨークへ出発する。

「秋篠宮さまは金銭トラブルが報じられた直後から小室さんや佳代さんに対し、“納得のいく説明をしてほしい”と求めてこられましたが、小室家は“解決済み”の一点張り。充分な説明がないままの渡米には、秋篠宮ご夫妻も不信感を強められたそうです」(別の宮内庁関係者)

 先に沈黙を破ったのは、秋篠宮さまだった。昨年11月30日、誕生日会見に臨まれた秋篠宮さまは、眞子さまと小室さんについて異例の言及をした。

《多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません》
《今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います》

 眞子さまの幸せを願い、秋篠宮さまが小室さんに求められたのは、小室家の金銭トラブルについて、“それ相応の対応”、つまり公の場で説明し、国民の理解を得るということだった。

◆あまりに一方的に上から目線

 そんな秋篠宮さまの発言に対する、起死回生の逆襲の一手──。それが今回、小室さんが発表した文書だろう。佳代さんは昨夏ごろから自宅やパート先から姿を消したままだが、母子が相談の上で文書を作り上げたのは間違いない。

「天皇陛下の退位が間近に迫っているこのタイミングでの文書の発表からは、“平成の世のうちに結婚を決めたい”という執念を感じます。

 実は少し前に佳代さんが、天皇皇后両陛下にお仕えする職員に連絡をとっていたそうです。“両陛下にお伝えしたいことがある”という直談判でした。秋篠宮ご夫妻に説明しても話が通じない、わかってもらえない。だから、両陛下に直接話をしたいということのようでした。

 今の天皇陛下に裁可された結婚を先送りしたくないのでしょう。御代がわりの後では、またゼロからの議論になりかねませんから」(前出・宮内庁関係者)

 畏れ多くも、両陛下に直談判などできるはずもなく、普通なら思いも寄らないことだろう。そうした感覚が、今回の文書にも表れていると、宮内庁関係者が続ける。

「まず文書を出す前に、Aさんに接触して、話し合い、理解してもらうことが先ではなかったでしょうか。

 秋篠宮さまがずっと心配されていたのも、“解決済みというのならば、なぜAさんが不信感を抱き続けているのか”ということでした。まずはAさんと話し合い、その過程を秋篠宮さまに報告し、両者が納得する結論が出た上で世間に報告する。それが筋道でしょう。

 しかし、そうした過程をすっ飛ばして、“いきなりマスコミに発表”では、Aさんに対して誠実さを欠く上、秋篠宮さまが抱かれる疑念にも答えたことになりません。むしろ、秋篠宮さまが“相応の対応”を求められたから、しぶしぶ文書だけ出しておいたと捉えられてもおかしくない。火に油を注ぐようなものでしょう」

 文書では、借金トラブルは《母も私も(中略)解決済みの事柄であると理解》とし、《今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたい》と記されている。Aさんはこの文書をどう受け止めたのか。Aさんが語る。

「寝耳に水です。私との金銭問題について世間に公表する文書なのに、当事者である私に事前に一言も連絡がないというのは、どういう神経なのでしょうか。“解決済みだが話し合う余地がある”というのは、あまりに一方的で、上から目線です」

 文書には、解決済みである根拠としてこう綴られている。

《その際(Aさんと佳代さんの婚約解消の際)に母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました》 

 Aさんはこう反論する。

「借金の返済を断ったことはありません。その時は、先方から“月々1万円くらいずつしかお返しできませんが”という申し出がありましたが、“それでは少なすぎるので再考してほしい”とお伝えしただけです。

 そもそも、私が渡したお金について、小室家側は“贈与だから返す必要はない”と主張してきました。“私が返済を断ったから返さない”とは、この文書が出るまで一度も言われたことがありません。なぜ今になってそんな話を言い出すのか。私がまるで嘘をついているかのように、秋篠宮さまや世間に印象付けたかったのでしょうか。卑怯なやり方には、まったく理解に苦しみます」

 小室家は今後、Aさんの《ご理解を得ること》ができるだろうか。

「今回の文書の発表については、眞子さまも承知されていたそうです。眞子さまはただ結婚の強い意志を持たれ、小室さんの説明を信じていらっしゃったのだと思います。

 問題は秋篠宮ご夫妻です。文書の発表については眞子さまからのご報告があったとしても、文書の中身には関与されていないそうです。今までと同じ一方的な主張で、建設的な解決に向かう気配すら感じない文書を見て、不信感が膨らむばかりだったでしょう。

 秋篠宮さまとしては“なぜそこまで小室さんをかばうのか”というお気持ちでしょう。眞子さまとしてはこれで結婚できるというお気持ちから急転、さらに厳しい状況に追い込まれてしまった。号泣しても足りない落胆ぶりのようです」(前出・宮内庁関係者)

 残り3か月の平成のうちに、解決するだろうか。

※女性セブン2019年2月7日号

ジャンルで探す