国内

安倍首相 自身の選挙区に「北島三郎サプライズ応援」の奥の手

与党圧勝の前祝いとなる“まつり”は開かれるか

 10月22日に投開票が迫った衆議院総選挙は、与党が圧倒的優勢の情勢だが、絶対に負けられない与党側はさらなる奥の手を用意していた。安倍晋三・首相が、自身の選挙区に“サプライズ応援”を呼んでいたのである。

 応援演説で全国を飛び回り、地元に帰る暇のない安倍晋三首相に代わり、選挙区の山口県下関市では「弁士」を呼んだ応援集会(個人演説会)が連日開催されている。中でも10月19日に下関市民会館で開かれる「総決起大会」には意外な人物が登場予定だという。地元選対関係者が話す。

「演歌歌手の北島三郎さんと山本譲二さんの2人に出席してもらう予定です。他の日はこれまでの選挙同様、保守派の評論家や学者が登壇しますが、芸能関係の有名人に応援弁士をお願いしたのは今回が初めて。大きな話題となって“宣伝効果”も高いはず」

 安倍首相と演歌界の大物2人はどんな繋がりがあるというのか。

「山本さんは下関出身で、晋三氏の父・晋太郎氏(故人)が一時、後援会会長を務めていた関係から安倍家と今も親交があるのです。その繋がりで山本さんの師匠筋に当たる北島さんにもお声掛けした。多くの支援者に集まっていただき、景気のいい“まつり”にしたいですね」(前出・関係者)

 2人の所属事務所に訊ねた。

 北島の事務所は「打診をいただいているのは事実ですが、まだ返事はしていません」(北島音楽事務所)。山本の事務所は「当日のスケジュールは押さえていますが、行くかどうかは未定です。詳細を聞いていなかったので、いま初めて弁士として呼ばれるんだと知ってビックリです」(ジョージ・プロモーション)という回答だった。

 与党圧勝の前祝いとなる“まつり”は開かれるか。