連続強盗、1都7県で14件か=実行役三十数人逮捕―昨年10月以降、女性殺害も・警察庁

全国で相次いだ強盗事件で、東京都狛江市で高齢女性が殺害された強盗殺人事件を含め、昨年10月以降に1都7県で起きた少なくとも14件が同一グループの犯行とみられることが26日、警察庁への取材で分かった。警察当局が実行役三十数人を逮捕していたことも判明。指示役がいるとみて、全容解明を目指す。
同庁によると、7県は茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川、広島、山口。犯行手口や容疑者らの関係性などから同一グループが関与したとみられる。逮捕された実行役は10~30代で、インターネット交流サイト(SNS)で勧誘されるなどしたという。
14件は他に、広島県で起きた強盗殺人未遂1件と、強盗致傷9件、強盗3件。狛江市の事件以降は発生が確認されていない。
同庁は1都7県以外の京都、大阪両府で昨年以降起きた強盗事件や、群馬、滋賀、岡山、福岡の4県で発生した窃盗、建造物侵入事件などについても同一グループによる犯行の可能性が否定できないと判断。27日に各地の警察の刑事部長らを集めた会議を開催し、指示役らの検挙に向けて情報共有などを行う。

ジャンルで探す